[MFJ]JRR Rd.4 中須賀が1分26秒台に突入!

全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦(6月28日決勝)の舞台となる宮城県・スポーツランドSUGOで6月16日(火)から事前テストが始まった。

4連覇に向けて快調な走りを見せる中須賀克行が1本目から自身の持つコースレコードを上回る1分27秒332をマークし好調振りを見せつけるが、今回はヨシムラの津田拓也も1分27秒445と好タイムをマーク。

2本目では中須賀が1分27秒223とタイムを詰めると、津田も1分27秒301と肉薄する。中須賀は、3本目には、ついに1分26秒台に突入。1分26秒954をマークしトップタイムで事前テスト初日を終えた。

「ニューR1でSUGOを走るのは初めてでしたが、予想通り高いポテンシャルを発揮してくれています。今回はセミ耐久なので、いつもよりレースが長いですが、昨年悔しい思いをしているのでキッチリ勝って鈴鹿8耐に臨みたいですね」と中須賀。

津田は、3本目開始早々に転倒を喫してしまうが2回目のタイムで2番手。3番手に野左根航汰が1分27秒375、4番手に高橋巧が1分27秒633、5番手に渡辺一樹が1分27秒783、6番手に浦本修充が1分27秒872、7番手に山口辰也が1分27秒920と続き、路面が改修されたこともあり、全体的にラップタイムが上がっている。8番手には開幕前のケガから復帰した藤田拓哉が1分28秒646で続き、9番手に1分28秒891の渡辺一馬、10番手に1分29秒063の加賀山就臣と続くトップ10だった。

今回は120マイルというセミ耐久で争われるため、ライダーは2人でも参加できる。トップチームではTeam GREENの柳川明と渡辺が、YAMALUBE RTの野左根と藤田が、au テルル・Kohara RTの渡辺と秋吉耕佑がペアでエントリーしている。

J-GP2クラスは、高橋裕紀がただ一人1分30秒台に入れる1分30秒149をマーク。こちらも非公式ながらコースレコードを大きく上回っている。2番手に1分30秒228の生形秀之、3番手に1分30秒318の関口太郎、4番手に1分30秒809の井筒仁康と1分30秒台で続いている。

◎全日本ロードレース選手権第4戦「SUGOスーパーバイク120マイル耐久レース」  
エントリーリスト・タイムスケジュール(MFJ公式サイト)
 http://www.mfj.or.jp/rd/ri1504.html
 
◎開催概要・コースレコード・前年の結果等
 http://www.superbike.jp/round/rd4.html
 
◎SUGO公式サイト/特設サイト(チケット情報など)
 http://www.sportsland-sugo.jp/watch/contents/2015/01/20150131_2082.html

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る