ヤマハ、「マジェスティYP250」および「WR250R/X」 エンジンが停止して再始動ができなくなるおそれ

■リコール届出番号 
3587 

■リコール開始日 
平成27年6月17日

■届出者の氏名又は名称 
ヤマハ発動機株式会社
代表取締役社長 柳 弘之

■不具合の部位(部品名) 
電気装置(発電機)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
発電機において、ステーターコイルの耐熱性が不足しているため、当該コイルが高温になると絶縁材が炭化してコイルの一部が短絡することがある。そのため、充電量が少なくなり、そのまま使用を続けると、バッテリーが放電してエンジン不調となり、最悪の場合、エンジンが停止して再始動ができなくなるおそれがある。

■改善措置の内容 
全車両、ステーターコイルを対策品と交換するとともに、周辺部品(ガスケット、ワッシャ等)を新品と交換する。

■不具合件数 
64件 

■事故の有無 
なし

■発見の動機 
市場からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車わく(車台番号打刻位置付近)にNo.3587のステッカーを貼付する。

■車名 
ヤマハ

■通称名 
「マジェスティYP250」
「WR250R」

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲/製作期間/リコール対象車

・JBK-SG20J 「マジェスティYP250」
 SG20J-000058〜SG20J-020953
 平成19年5月14日〜平成27年3月16日
 20,781
 台
 
・JBK-DG15J「WR250R」
 DG15J-000089〜DG15J-013308
 平成19年10月9日〜平成27年4月28日
 7,239台
 
・JBK-DG15J「WR250X」
 DG15J-000389〜DG15J-013341
 平成19年10月19日〜平成27年4月28日
 6,004台
 
■合計
・計2型式
・計3車種

・製作期間の全体の範囲
 平成19年5月14日〜平成27年4月28日 (計34,024台)
 
【注意事項】
リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る