[YAMAHA]WMX Rd.9 イタリアGP フェーブルが見事2連勝!

■大会名称:2015年第9戦イタリアGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年6月14日
■開催地:マジョーラ(コース長:1,700m)
■観客数:36,000人
■天候:晴れ/曇り

全18戦で争われる2015年MXGPの第9戦イタリア・グランプリの舞台は3年連続開催となるマジョーラ。改修されアップグレードしたサーキットには日曜日朝の豪雨にもかかわらず36,000人のファンが詰めかけた。湿地状態のコンディションの中、Yamaha Factory Racing YamalubeのR・フェーブルがMXGPで2連勝を飾った。第1ヒートではフェーブルをトップにD・フィリッパーツとJ・ファン・フォルベークがトップスリーを独占。YZ450Fによる1-2-3フィニッシュを実現した。

予想されていた雨は土曜日の午後遅くまで降らなかったため、マジョーラのハードパックは通常のままで、固められた路面とわだちとうねがないことから、ライダーたちはこの高速コースを比較的走り易いと評していた。 日曜日の天候は極端なものとなった。雷雨に加えて土砂降りの雨が何度か降ってグランプリ中止の恐れを抱かせ、MX2のウォームップではEMX300第2ヒート同様、赤旗が提示された。モンスーンは午前中半ばには勢力が衰え、湿気と温度が濡れた路面を乾かし始めたが、暗雲は垂れこめたままだった。マジョーラではヤマハの創立60周年に合わせて2016年プロダクションマシンのローンチが行われた他、Yamaha Factory Racing Yamalubeの選手は特徴的な黄色の“マルハナバチ”衣装をまとって大いに盛り上がった。

第1ヒートで前回のフランスGPを制したフェーブルは、ホールショットを奪ったフィリッパーツの後方に続くと2周目にトップに立つ。そこから滑りやすく難しい路面を攻め、フィリッパーツにほぼ25秒ものマージンを築きフェーブルが1位となった。左腕の負傷を押して参加しているA・カイローリ(KTM)が一時3位につけるが、J・ファン・フォルベークが迫り、すぐに前世界チャンピオン、カイローリをかわして3位に上がる。これにより3台の黄色いYZ450Fがトップ3を占めるという写真撮影には完璧な展開となった。

第2ヒートまでにイタリアの空が怪しい雲行きとなるものの、幸い路面はドライのままだった。オープニングラップの登り坂でS・シンプソン(KTM)とほとんど接触しかけ、スロープの反対側でクラッシュしてしまう。ハンドルバーが曲がり、フロントブレーキを破損したものの、フェーブルは追い上げを開始して6位でフィニッシュ。2位のK・ストライボス(スズキ)と3ポイント差で優勝を果たした。

フィリッパーツはシンプソン、K・デディッカー(KTM)、さらにフェーブルらと4位争いを展開した。17周で争われるレースの15周目、2008年世界チャンピオンのフィリッパーツはポディウムフィニッシュ圏内に入ると、その走りにイタリア人の観客が喝采を送る。ストライボスが最終ラップに順位を上げて第2ヒートを制したため、フィリッパーツは第2ヒートを7位でフィニッシュし総合4位に後退してしまうが、それでもフィリッパーツにとって最上級クラスでこの3年間のベストリザルトとなった。

ファン・フォルベークは第1コーナーでE・ボブリシェブ(ホンダ)に追突されて最後尾まで落ちて再スタートしたが、その後見事な走りで一団の中に割って入り、9位まで順位を上げてフィニッシュ。総合成績では5位となった。

その目覚ましい走りと見事な結果で、MXGPルーキーのフェーブルはポイントランキングで1位のM・ナグル(ハスクバーナ)との差38ポイント差の3位につけている。 ヤマハのMXGPクルーはこの後、ハレ市に程近いトイチェンタルにあるタルケッセルで次週開催されるドイツ・グランプリに向けて移動する。

コメント
■R・フェーブル選手談(1位/6位:総合1位)

「2連勝できてとても満足しているし、チームにとっても60周年を迎えているヤマハにとっても大きい。間違いなく素晴らしいことだ。第1ヒートはかなり良かった。好スタートを決めて2位だったけど2、3周でトップに立った。前を走るのはかなり楽だった。第2ヒートではスタートがあまり良くなくて、パスをするのが大変だった。シンプソンと一緒にジャンプに入ってしまい、素早くラインを変えなければならなくてミスを冒した。激しくクラッシュしたのに、怪我しないでここを離れることができるのだから、それだけでもこのGPに満足している。優勝に向かってプッシュし続けることができた。ハンドルバーがひどく曲がってしまって、右コーナーで足を出すのが大変だった。フロントブレーキが使えなくなってしまって、このコースの下り坂が如何に大変だったか想像できるでしょ。クラッシュの後もGPに優勝することをメインにしていたので最後までプッシュし続けてそれを達成した」

■D・フィリッパーツ選手談(2位/7位:総合4位)
「今日はラインが多くてすごく良かった。雨が助けになった。第1ヒートはすごく良かった。ホールショットを決めて、フェーブルが後ろにいて少しスローダウンした。あのスピードで行くことはできなかったけど良い感じで走れたし、2位にはすごく満足している。第2ヒートのスタートも良かったけど第1ヒート程ではなかった。表彰台が近いことはわかっていてプレッシャーを感じていた。惜しくもそれを逃したけど、我々のやったことをファンがエンジョイしてくれたので、満足だ。この後のレースでもこのカタチを維持できることを期待している」

■J・ファン・フォルベーク選手談(3位/9位:総合5位)
「かなり不運だったし、今日は表彰台に楽に立てたはずだったので残念だ。第2ヒートはすごいスタートを決めた後、ボブリシェブがまっすぐこっちに来た。僕のハンドルバーが彼のリアホイールにはまって曲がってしまったし、クラッチもだ。その後、最後尾からすごいレースをした。あと5分必要だったね。僕らは良い方向に向かっているし、それは誰の目にも明らかだ。良い感じで走れているし、結果も戻ってきている。総合5位はそれほど悪くないし、僕らは引き続きがんばるよ。チームとともに僕らはこの週末、大きな一歩を記した。バイクにいくつか新しいことを試しているし、チームは僕を可能なかぎり支援してくれている。本当に感謝している。もうすぐ表彰台に立てる、これは間違いないよ」

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る