[YAMAHA]MotoGP Rd.7 フリー走行 ロレンソが7番手。ロッシが11番手で初日を終了

■大会名称:第7戦カタルニアGP
■開催日:2015年6月12日(金)フリー走行総合結果
■開催地:カタルニア/スペイン
■コースコンディション:ドライ
■気温:27度
■路面温度:40度

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシが、モンスター・エナジー・カタルニアGPのフリープラクティスに臨んだ。

暑さのため難しい路面コンディションとなったが、ロレンソは地元ファンの声援を受けてコンスタントにペースアップ。第1セッションの序盤で1分42秒458の好タイムを記録し、一気に2番手につけた。その後はマシン・セッティングに専念したためタイム更新はならず、4番手に後退してセッションを終了した。

午後になるといくらかコンディションが良くなり、気持ちよくYZR-M1を走らせて1分42秒034へ更新。これで再び2位へと上がったが、セッション終盤になり他のペースが上がってくると7位へと後退した。

チームメイトのロッシも、コースの勘を素早く取り戻してカタルニアをエンジョイ。最初のアタックで2番手のタイムを記録したあとさらに1分42秒938まで上げたが、終盤でポジションを下げて8位となった。

第2セッションも同じような展開となり、序盤で素早く2位へ上げたあとは決勝用のマシン・セッティングに専念。終盤で再びタイムアタックを行い、1分42秒367のベストラップを記録すると一時3位へ浮上したが、その後のライバルたちのペースアップにより11位へ後退して終了した。

総合順位ではロレンソがトップから0.876秒差の7位、ロッシが1.209秒差の11位。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る