[YAMAHA]MotoGP Rd.7 予選 ロレンソが地元の声援を受け予選3位、フロントロウ獲得!

■大会名称:第7戦カタルニアGP
■開催日:2015年6月13日(土)予選結果
■開催地:カタルニア/スペイン
■コースコンディション:ドライ
■気温:25度
■路面温度:42度
■PP:A・エスパルガロ(1分40秒546/スズキ)

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが、予選3位を獲得して地元ファンを喜ばせた。Q2に出場したすべてのライダーが1秒以内にひしめく接戦。ロレンソのチームメイトのV・ロッシもハードにプッシュし、最後のアタックで勝負をかけて7位を獲得した。決勝グリッドはロレンソから2列後ろの3列目。

地元ファンの期待に応えたいロレンソは、真っ先にピットを離れて15分間のタイムアタックに挑んだ。1分41秒008の好タイムをマークしてトップに立ったあとピットに戻り、残り9分でスペアマシンに乗り換えて再びコースイン。この間に3位まで後退したが、完璧な走りで1分40秒646へと短縮し、再びトップに返り咲いた。さらに残り時間4分を切ったところで素早くピットに戻り、もう一度マシンを乗り換えて最後のアタックを行った。しかし、ここでのタイム短縮は叶わず。最終順位はトップから0.1秒差の3位となった。

一方のロッシはピットストップを1回にする作戦でタイムアタックをセッション終盤に設定。12人中の中ほどを常にキープしながら、前方にスペースが空くのを待った。最初のアタックで7位へ上がったものの、ライバルたちもペースを上げたためふたつポジションダウン。2回目のアタックでハードにプッシュして1分41秒257を記録すると、再び7位へ浮上した。このあとピットに戻って前後タイヤを新品に交換し、残り7分をきった時間帯に再度コースイン。2分後にアタックを開始したが、ここではタイムを更新できず、最終ラップでの挽回に賭けることになった。ロッシが最後のクリアラップを走る間にセッション終了を知らせる合図が出されたが、このチャンスを逃さず1分41秒058へと更新。これで9位から7位へ上げて終了した。トップとの差は0.512秒。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
  2. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  3. 2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXを日本自動車研究所の高…
  4. ヘルメットもネオクラシックに!山城 ニューレトロヘルメットとの魅力とは? 旧車やカフェ…
ページ上部へ戻る