[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.7 予選 A・エスパルガロが地元でポールポジションを獲得!

第7戦カタルーニャGPの予選は、QP2で息詰まる15分間のタイムアタックが繰り広げられ、A・エスパルガロ(チーム・スズキ・エクスター)がポールポジションを獲得した。チームメイトのM・ヴィニャーレスが僅差で続き、MotoGP復帰初年度のスズキが7戦目にしてフロントローの1番2番グリッドを占拠し、明日の決勝に臨む。

エスパルガロは昨日のフリープラクティスでもトップタイムを記録して順調な滑り出しだったが、土曜のセッションでもその好調さを維持。QP2で記録した最速タイムは、カタルーニャサーキットの既存最速ラップレコード(1`40.893:D・ペドロサ:2013)を0.3秒以上も上回る1分40秒546という素晴らしい走りだった。

2番グリッドを獲得したヴィニャーレスは、MotoGPルーキーながらエスパルガロからわずか0.083秒差の1分40秒629という高水準のタイムを記録した。J・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)はエスパルガロからちょうど0.1秒差の3番グリッドで、明日の決勝レースに向けてスペイン人選手がフロントローを独占した格好だ。この予選では、3選手ともフロントタイヤにはミディアムコンパウンドのタイヤを装着していたが、リアタイヤに関してはロレンソがミディアムコンパウンドのタイヤを使用。エスパルガロとヴィニャーレスはソフトコンパウンドのタイヤを使用した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る