[SUZUKI]MotoGP Rd.7 チームスズキエクスターに有意義な収穫をもたらしたカタルニアGP

スペインのカタルニアでおこなわれたモトGP第7戦、チームスズキエクスターにとっては、より一層のステップアップを果たした有意義な週末となった。

前日の公式予選を1位で通過したアレイシ・エスパルガロは、決勝レースでも終始トップ5をキープする健闘を見せたが、4番手を走行中の21ラップ目に転倒を喫し、惜しくもリタイアとなった。一方で予選2位通過のマーベリック・ビニャーレスは、決勝の25ラップもトップライダーにひけを取らない積極的な走りで6位フィニッシュ、前回のイタリアGP7位から再び自己ベストを更新した。

両ライダーとも良いスタートを切ったが、スタート後まもなく他ライダーに追いつかれ順位を後退、オープニングラップではエスパルガロ7番手、ビニャーレス14番手となり、その後の数ラップで厳しい追い上げを強いられた。その後は着実に順位を上げ、両者とも再びトップグループに加わる走りを披露した。

公式予選での歴史的な1位、2位を含め、決勝レースの内容に関しても、チームにとっては収穫の多いレースウィークとなった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  2. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  3. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  4. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
ページ上部へ戻る