「バイク」に乗って分かった「バイク」の素晴らしさ!

最近、改正道路交通法などによる罰則強化などで、にわかに注目を集める自転車。私もここのところトレーニング用としてスポーツタイプのバイク(自転車)に乗ることが増えましたが、そのことで逆にバイク(モーターサイクル)の素晴らしさを再発見することになりました。

先週、用事があって都内を往復60kmほど自転車で移動してみました。初めて聞くとかなりの距離と思うかもしれませんが、慣れてくると片道を1時間半もあれば走破できてしまいます。市街地では信号待ちで引っかかるので、クルマでの移動と時間的にはそう変わらなかったりして。ただ、自転車でしんどいのは上り坂。たった10%の勾配でも速度はガタ落ち、息はゼーゼーです(笑)。

人間が出せる最高出力は1馬力程度だそうです。頑張っても原付スクーターのさらに数分の一しか出せないんですね。そう考えると非力なものです。一方、アクセルひとつで簡単に100馬力とか出せてしまうモーターサイクルは勾配などまるで気にならないですし、自転車では大敵となる風の抵抗など全身で受けて気持ちいいぐらいです。大型バイクなら250kg以上の車重に奥様や荷物も載せてぐいぐい加速していきます。ちょっとした路面の凹凸でも体でもろに受ける自転車に対し、バイクのラジアルタイヤとサスペンションは疲れ知らずの心地よい乗り心地を提供してくれます。

人間が長い年月をかけて作り上げ、技術を伝承し、熟成させてきた内燃機関の力強さ。人間の力では到底到達することはできないスピードの魅力。モーターサイクルとは人類の英知が凝縮された素晴らしい乗り物なのだと、あらためて気付かされた週末でした。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る