[Kawasaki]JMX Rd.4 新井宏彰が6位/5位、三原拓也が5位/6位

■ 2015年 全日本モトクロス選手権 第4戦 SUGO大会
■ IA1
■ 開催日:2015年6月7日(日)
■ 会場名:スポーツランドSUGO

新井宏彰の第4戦(IA1/6位/5位)
「今回の成績は全くもって不本意というか、やっぱり毎レース優勝を目指して準備をしているわけですから、6位/5位では納得がいきません。菅生の深いワダチに対応できず、思い通りに乗れなくて全くダメでした。菅生ではなくて自分自身の問題です。レースウィークに乗り込みができなくて、いつも通りの調整ができませんでした。身体の切れが悪くて、上手くラインをトレースできなかったのが大きかったと思います。

今回のコースはレイアウトが変わって、前半がタイトなスネーク、後半はシケインがなくなって、ヨーロピアン立ち上がりからKYBジャンプまでがハイスピードになりました。スネークの部分はタイトだけど、土質がいいからレールができて割と開けられる。ただ身体が硬くて、合わせるのが難しかったですね。 ヒート1では序盤からいいラインを走れなくて、遅いラインばっかり走っていたら、案の定バンバン抜かれました。抜かれてから気付いたんですが、他のライダーはアウト側のラインが速くて、インばっかり走っていた自分は遅かった。そこで中盤以降はそういうアウトの速いラインを試してみたら、タイムが上がってきたんです。尻上がりに良くなったんですが、結果は6位止まりでした。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る