[YAMAHA]JMX Rd.4 IA1:安原は11/9位で総合9位、ヤマハトップは7/7位の田中

■大会名称:2015全日本モトクロス選手権第4戦SUGO大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2015年6月7日(日)
■会場:SUGOインターナショナルモトクロスコース(宮城県)
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート

全日本モトクロスは中国大会から3週間のインターバルをあけ、東北地方へと転戦。第4戦がスポーツランドSUGOで開催された。予選が行われた土曜日は、朝方まで降った雨の影響により粘着性の強い路面状況となったが、快晴となった日曜日は絶好のコンディションのもと決勝が行われた。

IA1に参戦する「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のエース、平田優は怪我のため今大会も欠場した。安原志がひとりYZ450FMを走らせ上位進出を目指すが、IA1にステップアップしてまだ4戦目のルーキーには、今回も厳しい壁が立ちはだかる。ヒート1、1周目を11番手で戻ってきた安原は、翌周に10番手へとポジションを上げ、さらに6周目には9番手へ浮上するなど勢いをつけていったが、レース中盤となる7周目に転倒、スタート直後と同じ11番手に後退してしまう。その後はリズムを取り戻すことができないままの走行となり、11位でチェッカーを受けることになった。

この第1ヒートでは田中教世(TEAM TAKASE with YAMAHA)が好スタートをきり、3番手につけた。ライバル勢の追撃に遭い7番手まで後退することになるが、そのポジションを最後まで維持してゴールした。トップ争いは先行した小島庸平(スズキ)を、小方誠、成田亮のホンダ2名が追う展開から推移。後半に入って首位に浮上した成田が独走態勢を築き上げて優勝、小方、小島が続いてチェッカーを受けた。

第2ヒートでは、安原はアウト側のグリッドを選んでスタート。1コーナーへの進入スピードを上げすぎたためそのチャレンジが大きく機能することはなかったが、1周目のコントロールラインを10番手で通過、7位を争うグループの最後尾につけた。レース中盤にさしかかる時点で集団から離されてしまうことになるが、前車の転倒があったことにより9番手へとポジションを上げ、そのままチェッカーを受けた。一方、同じく7位争いの集団に加わっていた田中はレース序盤、9番手まで落ちる場面があったが、再び追い上げて7位へと浮上、レース後半はそのポジションを維持してゴールした。

優勝争いは、第1ヒートと同じく小島、成田、小方が繰り広げた。先行した小島に成田が早めのアタックをかけ、5周目にはトップへと浮上。終盤まで僅差の戦いとなるが、成田、小島、小方という形で決着した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る