【新車】ヤマハ、プラットフォームモデル“MT”シリーズの新製品「MT-25」をインドネシアで発売

ヤマハは、250ccの水冷・直列2気筒エンジンを搭載するスポーツモデル“MT”シリーズの新製品「MT-25」を、2015年6月よりインドネシアで販売する。

以下、プレスリリースより

「MT-25」は、昨年から先進国市場を中心に導入している「MT-09」「MT-07」の“日常的な速度域で楽しめるスポーツ性”や“MT”シリーズの世界観を、250ccクラスに展開したモデルです。また、アセアン・先進国市場で既に高い評価を得ている「YZF-R25」のエンジン、フレームなどのプラットフォームをベースに開発することで、優れた走行性とコストパフォーマンスを両立しました。 開発コンセプトは、市街地を俊敏に駆け抜け交通の流れをリードする“大都会のチーター”です。

主な特徴
1)市街地での機敏かつ快適な走行に適した乗車姿勢
2)“MT”シリーズ共通の“マスフォワードシルエット”と“マス集中感”を具現化したデザイン
3)中高速で高揚感のある2気筒エンジン
4)軽快なハンドリングに貢献する165kgの軽量な車体設計

近年スポーツモデルの人気が高まりつつあるインドネシアにおいて、当社は昨年、「YZF-R15」「YZF-R25」などロードレースに憧れを抱くお客さまに向けた新製品を投入しました。今回の「MT-25」は、これら高付加価値モデルとともに、さらなるヤマハブランドのスポーツイメージ向上に寄与し、市場全体での当社の販売拡大に繋げるモデルとなります。 また、「MT-25」は今後、“事業規模拡大”を担うグローバルモデルとして、先進国市場を含めた世界各国への投入も予定しています。製造および販売は、同国のグループ会社PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)が行います。

■名称
「MT-25」

■発売日
2015年6月

■メーカー希望小売価格
4,600万ルピア(ジャカルタ店頭小売価格)

■販売計画
1万台(発売から1年間/インドネシア)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る