「スーパーカブ750」

「750ccのスーパーカブ、なんて言う人もいますけど(笑)」。先日、久々にNC750Sに乗る機会があり、そのときにホンダの関係者が教えてくれた。誰が言ったかは知らないが、それはきっと褒め言葉に違いない。

NCシリーズは「ニュー・ミッド・コンセプト」を掲げ、新しいモーターサイクルの形を模索するプロジェクトとして2012年に世に紹介された。モーターショーで初期型がアンベールしたときに、ホンダの開発者にコンセプトを尋ねると「低回転・低燃費・低価格です!」とおっしゃっていたのが印象に残っている。およそ、バイクに似つかわしくないフレーズだったからだ。大型スポーツモデルだったら普通は、高回転・高出力・プレミアム感などと形容されるはずなのに、自虐ネタかと思ったほどだ(笑)。

その最新版のネイキッドモデルとして昨年登場したのが750Sである。わずか4000回転強で最大トルクを発揮する粘り強いエンジン、ナナハンでありながらリッター42kmという驚異的な低燃費、そして400cc並みのリーズナブルプライス・・・。元々は4輪の「フィット」の4気筒エンジンをぶった切って流用したなどと揶揄されたこともあるが、クルマも作っているメーカーらしい斬新な発想に思わず手を叩きたくなる。それでいて、ライダーが求める”ファン”もしっかりある。

昔バイクに乗り始めた頃、スーパーカブにナナハンのエンジンを積んだらどうなるかな、なんて夢想したことがあったが、誰でも乗りやすく実用的で意外とスポーティという点で、両者は共通するものがあるように思う。サウンドもちょっと似てたりして。

冒頭の言葉はまさに言い得て妙だ。こんなバイクの方向性もあっていい、というか大事にしていってほしい。ちょうどライダーの懐の位置にある大きなラゲッジスペースに子犬を座らせて、一緒に長い旅に出てみたい。そんな将来を思い浮かべた。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る