「スーパーカブ750」

「750ccのスーパーカブ、なんて言う人もいますけど(笑)」。先日、久々にNC750Sに乗る機会があり、そのときにホンダの関係者が教えてくれた。誰が言ったかは知らないが、それはきっと褒め言葉に違いない。

NCシリーズは「ニュー・ミッド・コンセプト」を掲げ、新しいモーターサイクルの形を模索するプロジェクトとして2012年に世に紹介された。モーターショーで初期型がアンベールしたときに、ホンダの開発者にコンセプトを尋ねると「低回転・低燃費・低価格です!」とおっしゃっていたのが印象に残っている。およそ、バイクに似つかわしくないフレーズだったからだ。大型スポーツモデルだったら普通は、高回転・高出力・プレミアム感などと形容されるはずなのに、自虐ネタかと思ったほどだ(笑)。

その最新版のネイキッドモデルとして昨年登場したのが750Sである。わずか4000回転強で最大トルクを発揮する粘り強いエンジン、ナナハンでありながらリッター42kmという驚異的な低燃費、そして400cc並みのリーズナブルプライス・・・。元々は4輪の「フィット」の4気筒エンジンをぶった切って流用したなどと揶揄されたこともあるが、クルマも作っているメーカーらしい斬新な発想に思わず手を叩きたくなる。それでいて、ライダーが求める”ファン”もしっかりある。

昔バイクに乗り始めた頃、スーパーカブにナナハンのエンジンを積んだらどうなるかな、なんて夢想したことがあったが、誰でも乗りやすく実用的で意外とスポーティという点で、両者は共通するものがあるように思う。サウンドもちょっと似てたりして。

冒頭の言葉はまさに言い得て妙だ。こんなバイクの方向性もあっていい、というか大事にしていってほしい。ちょうどライダーの懐の位置にある大きなラゲッジスペースに子犬を座らせて、一緒に長い旅に出てみたい。そんな将来を思い浮かべた。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る