[DUNLOP]AMA MX Rd.3 トマックの連勝がストップ! ダンジーが首位奪取!

ロッキー山脈の麓、デンバー郊外のレイクウッドにあるサンダーバレー・モトクロスパークは、ルーカスオイルシリーズ開催地の中で最もユニークな会場の一つだ。緩やかな丘陵地に設けられたコースには、スタート直後の登り坂に象徴されるように平坦な部分が全くない。さらに海抜1,700mという高地ならではの気圧の低さに、マシンとライダーの調子が崩されやすく、シリーズの流れが変わるターニングポイントとしてマークされてきた。`08〜`09年には、ガソリンの「沸騰」を防ぐためにナイター開催が試みられたが、現在では通常のタイムスケジュールに戻されている。

プラクティスが開始された時点では比較的平坦な路面だったが、前夜までの降雨で水分を多く含んだ部分には走行時間の経過とともにギャップが増え、ワダチも深くなる一方だった。このため予選のベストラップは1回目のセッションから生まれ、450クラスではイーライ・トマック(ホンダ)の2分06秒165、250クラスではクリスチャン・クレイグ(ホンダ)の2分06秒846が最速だった。

450クラスのヒート1では、ライアン・ダンジー(KTM)がホールショットを取り、ケン・ロクスン(スズキ)、ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)、そしてトマックが続いた。オープニングラップ中、ロクスンにかわされたダンジーがコースアウトを喫し、5位までポジションを下げる。レース序盤はロクスンvsトマックのトップ争いが白熱したが、4周目にトマックが前に出た後は毎周3秒ずつリードを広げ、圧倒的な独走態勢となった。

レース中盤はトマック、ロクスン、3位まで挽回したダンジーが各々単独走行する形になったが、終盤になるとロクスンのペースが衰えて2〜3位が接近。ラスト2周でダンジーがロクスンを捉えて2位をゲットした。トマックは開幕以来の連勝記録を5勝に伸ばした。

450クラスのヒート2では、コール・シーリー(ホンダ)がホールショットを取ったが、トマック、ロクスン、ダンジー、ジャスティン・バーシア(ヤマハ)が先行。オープニングからトマックの独走劇が始まった。ところが中盤8周目、約10秒のリードを保持していたトマックが、ワダチで振られて転倒。肩を負傷してリタイアする事態になってしまった。

レース後半はロクスンが6秒ほどのリードを保っていたが、ラスト2周で喫した2回の転倒でダンジーの逆転優勝を許した。開幕以来無敗だったトマックが地元のコロラドでつまずき、替わってダンジーがポイントリーダーに浮上した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る