MotoGP日本グランプリのチケットが6月6日(土)より発売開始!

2015年 10月9日(金)〜11日(日)に栃木県 ツインリンクもてぎで開催されるMotoGP日本グランプリのチケット発売が6月6日(土)より開始となる。

今年は観戦環境の改善をさらに推し進め、昨年から新しい試みとして設置された、ストレートをより近くで観戦できる「ビクトリースタンド」の座席数を増席。そのスタンドの後ろで展開される、「ホスピタリティーガーデン」では全ての観客が入場することができ、車両展示や物販、飲食といった特別な場を提供する。

また、バイク雑誌MOTONAVIとコラボした最先端のライダーファッションブランドを集めたセレクトショップもホスピタリティガーデンで展開予定だ。

チケットの発売に先駆けて、MotoGPを全戦放送している日本テレビ本社にて、MotoGP日本グランプリの開催発表会が行われた。

会場にはHonda RC213V、YAMAHA YZR-M1と、今年からフル参戦を開始しているSUZUKI GSX-RRが展示されており、大きなスクリーンには、JAPANのロゴと、今年の冠スポンサーとなるMOTULのロゴがあしらわれた大会ロゴが映し出されている。

ツインリンクもてぎでMotoGP日本グランプリが開催されるのは今年で17回目となり、多くのドラマが生まれてきた。シーズン終盤の開催となったここ最近では、多くのライダーがツインリンクもてぎでシリーズチャンピオンを決めてきたサーキットでもある。日本人が多く表彰台に立ち、玉田誠選手と中野真矢選手の二人が表彰台に立ったレースも記憶に新しい。

「昨年より良い環境で、様々なイベントでファンの皆様に楽しんで頂けるよう進化させていきます。」とツインリンクもてぎを運営する株式会社モビリティランド取締役社長 曽田 浩氏。

昨年から設置された「ビクトリースタンド」と「ホスピタリティーガーデン」はさらに今年パワーアップ。規模と内容を充実させることが発表された。

また、特別ゲストとしてケニー・ロバーツ氏、フレディ・スペンサー氏が日本グランプリに合わせて来日することが発表された。当日はデモ走行やトークショーなど様々なイベントで、日本のファンと交流する機会を設けるということだ。往年の2人を知るファンにとってもMotoGP日本グランプリは見逃せないイベントとなりそうだ。

MotoGPを盛り上げるプレイベント「グランプリロードR123パレード」は、サーキットがある栃木県の茂木町の全面的なバックアップによって実現した公道パレードで、2012年から始まり、今年で4回目を数える。今年は茂木町より、R123パレードを盛り上げるべく「RGツーリングクラブ」に委嘱状が古口町長から手渡され、お笑い芸人の福田充徳さんが受け取り、RGツーリングクラブのメンバーで盛り上げていくことを誓った。

栃木県の福田知事も駆け付け、ツインリンクもてぎのある栃木県をPRした。

「茂木町はそばがとてもおいしい土地です。ではなぜ東京で売らないのかと聞かれれば、おいしいそばは少ししか取れないので、地元で食べてしまうのです!食べたいと思った方は、栃木県にお越しください。」と会場を盛り上げた。

会場にはテストライダーとして活躍する、Hondaの青山博一さんとSUZUKIの青木宣篤さんも登場。ツインリンクもてぎに今年から導入された「モトレーサー」に乗って登場した、つるの剛士さんと福田充徳さんも加わって、MotoGPトークに花を咲かせた。

「若いころからバイクに乗っていて、この写真のDUCATIをずっと大切に乗っているんです。嫁をタンデムシートに載せて、プロポーズした思い出のバイクなので手放せないんです!」

とバイクにまつわるエピソードを披露したつるのさんは、ドゥカティのつながりでロッシが好きですと発言。福田さんに

「ロッシはもうヤマハに移籍しとるで!」

とつっ込まれる一幕も。

300km/h以上のスピードで走ることに対して、どんな時が一番つらいのかと質問された、青山さんは、

「300km/hのスピードでも、今のマシンやタイヤがしっかりしているので、そこまで難しいことはないんです。逆にブレーキングではものすごい減速Gがかかるので、お昼ご飯などを食べた直後には走らないようにしています。これはどのライダーも一緒ですね。」とコメント。

「特にブレーキングでは肩が痛いですね、肩でバイクを抑えているような感じです。」と青木さんもMotoGPマシンならではの話題を披露した。

そして会場には、サプライズゲストとして、MotoGP日本グランプリの前夜祭「MotoGPクラブナイト!」に出演する、マーティー・フリードマンさんが登場!
フリードマンさんは世界中で熱狂的なファンを持つMEGADETHのギタリストとして長く活躍し、2004年から日本で活躍している。

「MotoGPという大きな舞台に加わってパフォーマンスを行えることは、大きな喜びです!特にアメリカのスーパースターであるケニー・ロバーツさんにお会いできるなんて、、、」と流暢な日本語で語り、サプライズゲストがもう1人いることをさりげなくばらしてしまうアクシデントに、会場が笑いに包まれた。

日本グランプリへのゲスト招待が決まったケニー・ロバーツ氏も登場。

「日本グランプリは素晴らしい大会で、日本のファンと会えることを楽しみにしています。私自身、若い日本人ライダーに教える機会がありますが、中上貴晶や鈴木竜生をはじめ、彼らの活躍も見たいと思っています。」

多くの日本人が「キング・ケニー」のスクールで学び、世界で羽ばたこうとチャレンジしている姿を見ている、氏らしいコメントを送った。

今年は各メーカー、各ライダーが激戦を繰り広げているMotoGP。現在ランキングトップのバレンティーノ・ロッシをはじめとして、ポイントランキングの差はまだごくわずかだ。MotoGP日本グランプリで、どのチーム、どのライダーが栄冠を手にするのか、目が離せない!

ぜひ会場に足を運んで、声援を送ろう!

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る