【新車】ヤマハ、2016年YZグラフィックのキッズ向けプレイバイク「PW50」を発売

ヤマハ発動機は、オートマチックエンジンを採用したキッズ向けプレイバイク「PW50」を2016年YZシリーズと共通イメージのグラフィックに変更し、2015年8月20日から発売する。 メーカー希望小売価格は135,000円(税込)

以下プレスリリースより

「PW50」は3歳〜6歳程度の幼児(体重25kg以下)対象の入門用モデルで、
1)運転操作が容易なオートマチックトランスミッション、
2)扱い易い軽量・小柄な車体、
3)メンテナンス負荷の少ないシャフトドライブ、
4)自転車と同様操作の左右レバー式ブレーキ、

などが特徴のモデルです。

■名称
「PW50」

■発売日
2015年8月20日

■メーカー希望小売価格
135,000円(本体価格125,000円/消費税10,000円)

■カラーリング
ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)

■販売計画
50台(発売から1年間、国内)

▼PW50_ディープパープリッシュブルーソリッドE

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る