トライアンフ、「デイトナ 675R」「スピードトリプル R」後輪サスペンションのリコール 走行安定性を損なうおそれ

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、「デイトナ 675R」「スピードトリプル R」の後輪サスペンションにおいて走行安定性を損なうおそれがあることから、セーフティーリコールとして国土交通省へ届出を行った。

以下プレスリリースより

トライアンフモーターサイクルの後輪サスペンションにおいて、内部のピストンとピストンシャフトを締結するナットの締め付け行程が不適切なため、締め付け力が不足しているものがります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ナットが外れ、緩衝機能が低下して、走行安定性を損なうおそれがあります。

トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表いたしました。
対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にて後輪サスペンションを点検し、良否を確認の上、必要に応じて後輪サスペンションを無償で良品に交換いたします。

トライアンフは全てのリコール対象のお客様へこのお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡していただくためのダイレクトメールを発信いたします。

【リコール届出番号 外-2193】
対象モデルおよび車台番号の範囲

モデル リコール対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲
対象台数
「デイトナ 675R」 SMTTTA14FAE643050 〜 SMTTTA14FAF690776 37
「スピードトリプル R」 SMTTPN135GF660428 〜 SMTTPN135GF676701 11

リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合があります。

【お問合せ先】
トライアンフコール TEL:03-6809-5233

関連記事

編集部おすすめ

  1. 無駄を削ぎ落としたスタイリング&専用設定されたサイレンサー構造 ヨシムラからGSX-R12…
  2. ヤマハ発動機と、東南アジア配車サービス最大手のGrabは、インドネシアを中心とした東南アジア…
  3. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  4. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
ページ上部へ戻る