[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.133

ムジェロサーキットで開催されたシーズン第6戦イタリアGPは、Repsol Honda Teamにとって苦戦を強いられるレースウイークになりました。

ダニ・ペドロサ選手は前戦第5戦より、右腕手術後の休養を終えて戦列に復帰。今回の第6戦はペドロサ選手にとってシーズン3戦目のレースとなりましたが、金曜のフリープラクティスから精力的な走行を見せ、土曜午後の予選で3列目7番グリッドからのスタートとなりました。

日曜午後2時にスタートした23周の決勝レースでは、ペドロサ選手は2番手争いのグループでライバルたちと激しい争いを続け、最後は4位でフィニッシュ。表彰台こそ逃しましたが、本格的な復調が目前であることを強く印象づけました。

チームメイトのマルク・マルケス選手は、5列目13番手スタートと厳しい順位から決勝を迎えましたが、持ち前の強い精神力とライディングであっという間に上位陣に肉薄。ペドロサ選手と同じグループ内でバトルを繰り広げました。しかし、18周目の3コーナーで転倒を喫し、残念ながらリタイアとなりました。

厳しい状況のなかでも決して諦めることなく、最後まで戦い抜いた2名のライダーと、彼らを全力で支えたチームスタッフの戦いの様子、そして次のレースで勝利を勝ち取るための教訓について、HRCチーム代表のリビオ・スッポが語ります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る