[Team KAGAYAMA]次戦、そして鈴鹿8耐につながるレースとなった復帰戦

■大会名
2015 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 SUPERBIKE RACE in MOTEGI

■開催日
[予選]2015年5月30日(土曜) 天候:晴 コース:ドライ
[決勝]2015年5月31日(日曜) 天候:晴 コース:ドライ

■ライダー
JSB1000クラス:加賀山就臣/J-GP2クラス:山元 聖

■マシン
JSB1000クラス:SUZUKI GSX-R1000L5 ヨシムラチューン
J-GP2クラス:SUZUKI GSX-proto71

■結果
JSB1000クラス:加賀山就臣
予選/:9番手(1分51秒220)
決勝/:8位
J-GP2クラス:山元 聖
予選/:16番手(1分56秒876)
決勝/:11位

開幕戦鈴鹿2&4レースの決勝で転倒し脊椎を圧迫骨折してしまった加賀山。開幕戦の翌週に開催された第2戦オートポリスは欠場を余儀なくされましたが、5月最終週に行われました第3戦ツインリンクもてぎで早くも復帰を果たしました。レースの前週に行われた事前テストでは、身体の状態を確認することを主に置きマシンに乗れることが分かり参戦を決めました。

レースウイークが始まると加賀山は事前テストのときよりも2秒もタイムを詰めてきます。しかし、周りのペースも速くポジションは9番手でした。土曜日の公式予選は、ノックアウト方式ですが、Q2は、今回初めての試みとなる“TOP10サバイバル予選”で争われました。まずはA組、B組に別れてQ1が行われ、加賀山は、このレースウイークでベストタイムとなる1分51秒220をマークし組4番手、総合で9番手につけました。そして午後に行われた“TOP10サバイバル予選”は、選ばれた10台が一斉にコースイン。2周のウォームアップ走行の後、タイムアタックに入ります。加賀山は、無理ができない状態でしたが9番手グリッドを確保します。

決勝レースは、23周という長丁場で争われました。当初の天気予報では、雨マークもありましたが、朝から快晴となり暑い1日となりました。加賀山は、3列目から得意のスタートダッシュを決め、4番手で1コーナーに入って行きます。オープニングラップで2つポジションを落とし6番手でホームストレートに戻ってきますが、その後もペースを上げることができず9番手にポジションダウン。9周目には前を走っていたライダーが転倒し、8番手に上がりますが、その背後にはジョシュ・フックが迫って来ます。この追撃を振り切った加賀山は単独走行となり、そのままフィニッシュ。身体の痛みに耐えながらも最後まで走り切り13ポイントを獲得しました。

一方、J-GP2クラスで2戦目となる山元聖は、公式予選、開始早々に転倒を喫してしまいますが、チームスタッフが迅速な修復作業を行い、予選終了前に山元をコースに戻します。しかしベストタイムを更新できずに16番手となりました。

決勝はスタートを決め、オープニングラップで12番手に浮上。2周目には前で転倒があり11番手に、さらに3周目にも2台絡む転倒があり9番手に浮上します。他車とバトルをしていく中で、レース中盤になるとポジションを落とし、単独走行となりますが、残り2周でベストラップを記録。11位でゴールし、次戦につながるレースとなりました。

◎加賀山就臣コメント
「鈴鹿で負傷してしまいオートポリスはドクターストップで不参戦。今回も身体は完調とは言えませんでしたが、第4戦SUGO、そして鈴鹿8耐に向けて、どうしても確認したいことがありました。事前テストで、どれぐらい走れるかを見て、絶対に転べない状況でしたが今回の参戦を決めました。ツインリンクもてぎのコースに、うまくアジャストすることができずに厳しいレースになりましたが次戦、そして鈴鹿8耐に向けて、いいデータが取れました。スポンサー、ファンの皆さん、今回も応援ありがとうございます。早く身体を完治させ次回こそベストリザルトを目指します」

◎山元聖コメント
「予選で余計な転倒をしてしまいチームに迷惑をかけてしまったことは反省点です。コースインした感触はよくて、ちょうど速いライダーが来たので、ついていこうとペースを上げていったのですが5コーナーで転倒してしまいました。チームが素早くマシンを修復してくれたおかげで再びコースインできました。決勝も、前回に比べて順位は上がりましたが、うまく組み立てることができなかったので、次回はシングルでフィニッシュできるように頑張ります」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る