【新製品】ペンスケ、「Ninja250L用スクリーン」と「Ninja250SL用マフラー」2種を発売

Ninjaレース参戦を始め、Ninjaのカスタムパーツの企画・製造・販売を行っているペンスケは、Ninja250L用「レーシングスクリーン」と、Ninja250SL用「エボリューションスリップオン」および、「レボリューションフルエキゾースト」のマフラー2種を発売した。

以下、プレスリリースより

▼Ninja250レーシングスクリーン
・価格:17500円 +税
・カラー:クリアー
・備考:当社ライディングスポーツハンドル専用(STD不可)
   :高さはSTDより35mmアップ
   :高品質の国産アクリル樹脂を使用。
   :クリヤーな視界を確保しライダーの負担を軽減。
   :エアロ効果でサーキットのテストでは最高速UP。

▼Ninja250SL・エボリューションスリップオン
ストリートからサーキットユーザーまでをも確実に納得させられるその完璧なパワーフィールは80回以上にも及ぶシャーシダイナモテストとテスト走行により納得のいく商品に仕上げる為の仕様変更は実に20種類を数えました。堅実なるパワーアップを実現しシャーシダイナモグラフを参考に谷を減らしピークでは大幅なパワーUP、オーバラン特性も優れています。

また、回転上昇の速さも特徴です、そのマフラーから出る走行音はまさしく究極のレーシングサウンドそのものです。材質には、テールパイプには耐久性のある1mm厚ステンレス、サイレンサーカバーにはチタンを使用。テールエンドにはテーパーコーンタイプを採用しております。 マフラーを装着したまま、オイル交換、オイルフィルター交換可能。排ガス及び騒音規制適合。当社独自のサイレンサー構造 ハイフローターン(多段膨張室)方式でハイパワーでありながら音量を十分落せる構造となっています。

・価格:定価\60000 +税
・発売:2015年7月10日
・備考:JMCA認定 政府認証
   :近接音量93db【純正触媒使用確認書付属】
   :STDマフラーと比べ約52%の軽量化(STD:4.2Kg、:2Kg)に成功。
   :経年劣化による音量の増大の少なさも特徴です。

▼Ninja250SL・エボリューションフルエキゾースト
ストリートからサーキットユーザーまでをも確実に納得させられるその完璧なパワーフィールは200回以上にも及ぶシャーシダイナモテストとテスト走行により納得のいく商品に仕上げる為の仕様変更は実に35種類を数えました。堅実なるパワーアップを実現しシャーシダイナモグラフを参考に谷を減らしピークでは大幅なパワーUP、オーバラン特性も優れています。また、中速域からピークまでの回転上昇の速さも特徴です、走行音はまさしく究極のレーシングサウンドそのものです。贅沢にパイプ径を4種類も組み合わせ妥協のない製品に仕上げています。

材質には、エキゾーストパイプ、テールパイプには耐久性のある1mm厚ステンレス、サイレンサーカバーにはチタンを使用。テールエンドにはテーパーコーンタイプを採用しております。 マフラーを装着したまま、オイル交換、オイルフィルター交換可能。当社独自のサイレンサー構造 ハイフローターン(多段膨張室)方式でハイパワーでありながら音量を十分落せる構造となっています。

・価格:定価\80000 +税
・発売:2015年6月20日
・備考:JMCA認定 政府認証
   :近接音量94db【排ガス試験成績書付属】
   :STDマフラーと比べ約50%の軽量化(STD:6.Kg、:3.Kg)に成功。
   :経年劣化による音量の増大の少なさも特徴です。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る