[BRIDGESTONE]JRR Rd.3 J-GP3 水野今季初優勝 ブリヂストンユーザーが表彰台を独占

J-GP3クラスにとっては、今季の2レース目となる第3戦もてぎ。土曜日の予選は好天に恵まれた。しかし朝8時30分からの35分間の予選が組まれたJ-GP3クラスは微妙な路面コンディション。國峰(DL)がポールポジションを獲得し、2番手には初戦となった前戦オートポリスで全日本初表彰台を飾った栗原佳祐(ブリヂストン)がつけた。栗原は初戦予選3位に続いて2戦連続のフロントロウで、自己最高グリッド。また、水野涼(ブリヂストン)は5番手・徳留真紀(ブリヂストン)は6番手でセカンドロウにマシンを並べることに。今年のアジア・タレントカップに参加して腕を磨き、前戦の全日本デビュー戦でポールtoウィンを飾った真崎一輝(ブリヂストン)はと8番手から追い上げとなった。

好天に恵まれた決勝日。オープニングラップでトップに浮上した國峰の背後にピタリとつけた水野。2台は後続を引き離して一騎打ちのトップ争いを開始する。後方は真崎・栗原・古市右京(DL)・徳留の4台による壮絶な表彰台争いとなる。
水野はタイヤを温存する作戦を取り、おとなしく國峰の背後で周回を重ねる。そして残り2周で國峰が転倒を喫して、あっけなくトップ争いは決着。水野が今季初優勝を飾った。表彰台争いから2位争いに転じた4台バトルは栗原に軍配。真崎が3位表彰台を獲得。ブリヂストンユーザーが表彰台を独占した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る