[BRIDGESTONE]JRR Rd.3 J-GP2 生形秀之が粘りの2位フィニッシュ

開幕戦を制したディフェンディングチャンピオン高橋裕紀(DL)がポールポジションを獲得。ゼッケン2番をつけてチャンピオンをねらう生形秀之(ブリヂストン)が2番手グリッド。生形は「事前テストとは、天気やコンディションが違うので、今はそれをアジャストしている状況」としながらもフロントロウ獲得となった。また関口太郎(ブリヂストン)は6番手。全日本で2戦目を迎えた上和田拓海(ブリヂストン)は事前テストで負傷したが、7番手グリッドを獲得してみせた。

決勝レース。好スタートを切ったのは岩田悟(DL)。高橋・生形が続く。オープニングラップをトップで終えた岩田だが、2周目のV字コーナーで転倒。ここから高橋のトップ独走が始まった。生形は単独2番手で高橋を追いかけるが、高橋のトップ独走を許してしまい、2位でゴールとなった。また関口は3位争いを展開したものの、5位フィニッシュに終わった。上和田は3周目に石塚健(DL)と絡んで転倒に終わった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る