[YAMAHA]JRR Rd.3 JSB1000 中須賀克行が一度もトップの座を譲らずに2連勝

■大会名称:2015年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦もてぎ
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2015年5月31日(日)
■会場:ツインリンクもてぎ(4.801km)
■周回数:23周
■天候:晴れ
■コース:ドライ
■PP:中須賀克行(Yamaha)
■FL:中須賀克行(1分48秒889/Yamaha)

事前テストで好調をレースウイークにも持続させたYAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀克行。今大会だけのTOP10サバイバル予選では常に最速タイムを記録し続けると、ツインリンクもてぎで初めてのポールポジションを獲得。これに中須賀は「これまでのR1だと、ツインリンクもてぎは攻めあぐねることも多かったけれど、このポールポジション獲得は、新型R1のトータルパフォーマンスが高まった証拠」と語る。

決勝レースは23周という長丁場だが、スタートダッシュからレースをコントロールするという作戦通りに中須賀は絶妙なスタートを決めると、オープニングラップにして2番手の高橋巧(ホンダ)に1秒の差をつけた。その後も中須賀はレース序盤を1分48〜49秒台で周回。2番手の高橋が1分50秒台であったことからその差は一気に広がり、5周を終えた段階で5秒2の大差となっていた。中須賀はこの後もペースを緩めることなく独走で今季2勝目をマーク。全く危なげのない完勝だった。

一方、サバイバル予選の結果から4番手スタートとなったYAMARUBE RACING TEAMの野左根航汰は、スタートでミスすると10番手以下にまで順位を下げてしまう。しかし、着実にポジションを挽回するとレース中盤以降では柳川明(カワサキ)と激しい3位争いを展開。16周目のS字カーブで柳川をパスすると、最後まで3位を守りきってJSB1000で初の表彰台に立った。

コメント
【YAMAHA FACTORY RACING TEAM】
■中須賀克行選手(優勝)

「事前テストでいい流れができていて、これをレースウイークに持ち込むことができました。チームスタッフのおかげでニューR1もいい形でまとまってきているし、僕自身もニューR1を理解できるようになっています。今回は野左根航汰選手が3位に入りましたが、こうした若いライダーの目標になるライダーであるためにも、自分をもっともっと高めていきたいですね」

■吉川和多留監督
「事前テストではロングランを行い細部を確認することができました。これでマシンのセットアップが順調に進み、レースウイークでは微調整のみで決勝レースを迎えることができました。前戦オートポリスから2連勝となりましたが、マシン面でやるべきことが沢山あるので、これからもチームスタッフ全員で集中してマシン作りに集中していきます。応援していただいたファンのみなさんをはじめ関係者のみなさんに感謝いたします」

【YAMALUBE RACING TEAM】
■野左根航汰選手(3位)

「スタートで失敗して10番手以下に落ちてしまいましたが、そこから冷静にポジションを挽回することができました。4番手に上がったとき、3番手とは3秒くらい離れていて、追いつくのは難しいと思いましたが、最後まであきらめずに攻め続けた結果として3位になれました。前戦オートポリスではトップを走れたし、今回の3位とともに大きな自信になりました。何よりも、中須賀選手と表彰台に立てたのが本当にうれしかったです」

■難波恭司監督
「野左根選手は、周回数の多いレースで集中力を切らすことなく走り続け、改めてそのパワーを見せてもらったという気持ちです。もちろん野左根選手の頑張りを支えているのがスポンサーでありチームスタッフなのですが、今後はさらに個々のスキルを高めていきたいと思っています。今回も藤田選手は怪我の治療のために欠場しましたが、野左根選手の活躍がいい刺激になればと思います。チーム活動を支えてくれるスポンサーをはじめ関係者、ファンのみなさんの応援に感謝しています」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る