[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.6 予選 A.イアンノーネが地元ムジェロでポールポジションを獲得!

ドゥカティのホームコース、ムジェロサーキットで地元イタリアのA.イアンノーネ(ドゥカティ・チーム)がポールポジションを獲得した。イアンノーネは、15分間で争われたQP2のラスト2周目で、ムジェロの最速ラップタイムを更新する1分46秒489を記録。自身初となるトップグリッドから明日の決勝レースを迎えることになった。ちなみにドゥカティが地元イタリアでポールポジションを獲得するのは、2007年(サンマリノGP:C.ストーナー)以来の8年ぶりとなる。また、イアンノーネが記録したポールタイムは、既存レコード(1`47.157:D.ペドロサ:2013年)を約0.7秒も上回るラップタイムだった。

2番グリッドを獲得したのは、1分46秒584を記録したJ.ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)。また、A.ドビツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)が1分46秒610で三番グリッドにつき、ドゥカティファクトリーは、地元レースで両選手がそろってフロントローから明日の決勝レースを迎えることになった。

イアンノーネとドビツィオーゾは、ともにフロントタイヤ用にミディアムコンパウンド、リア用にソフトコンパウンドの組み合わせで、それぞれ自己ベストタイムを記録した。ロレンソは、フロント・リアともにミディアムコンパウンドというタイヤの組み合わせだった。今日のQP2では、このセッションを走行した全12選手中11名が、上記のペドロサの既存ベストタイムを上回るタイムを記録した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る