MotoGP Rd.6 決勝 ドビツィオーソ、離脱の原因はスプロケットの摩耗

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第6戦イタリアGPのウォームアップ走行で1ラップ目に今季初転倒を喫したことから周回をせずに、3番グリッドから決勝レースを迎えたが、6番手を走行中の14ラップ目に技術的な問題が原因で、ピットボックスに戻ることを決断。今季初のリタイヤを強いられた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る