[MFJ]JRR Rd.3 J-GP3 決勝 水野涼が今季待望の勝利をもてぎで挙げる!

スタート直前には気温約27度、路面温度は44度まで上昇したツインリンクもてぎ。最初の決勝レース、J-GP3クラスは3番手グリッドの古市右京が好スタートからホールショットを奪う。直後には栗原佳祐、三原壮紫、國峰啄磨と続く。しかし、ヘアピンまでに國峰がトップに立ち、2周目には5番手スタートだった水野涼が2位に浮上し、國峰を先頭に徐々に2台のトップ争いへと変わっていく。

3位争いも徐々に古市、栗原、真崎一輝、徳留真紀、三原の5台に絞られ、20周の長丁場のレースで終始激しく争われる。國峰と水野のトップ争いは、2分1秒台のペースで繰り広げられ、3位争いを周回毎に引き離しながらテールtoノーズで展開される。しかし、19周目のV字コーナーで國峰がスリップダウンを喫し、水野が単独トップ、そのままもてぎでの初優勝を飾った。2位争いに変わった後続集団は、最終ラップまで激しく順位を入れ替えた結果、栗原、真崎、古市、徳留の順でチェッカーを受けた。

詳しいリザルトはこちら
MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

2015 SUPERBIKE ROUND 3 : MOTEGI J-GP3 Winner`s Interview

2015 SUPERBIKE ROUND 3 : MOTEGI J-GP3 2nd Place Interview

2015 SUPERBIKE ROUND 3 : MOTEGI J-GP3 3rd Place Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る