[MFJ]JRR Rd.3 ST600 予選 横江竜司が終盤のアタックでポールポジション!

ブリヂストンのワンメイクタイヤ制が導入され、予選〜決勝を通して使えるタイヤは1セットに制限された。それにより、30分間の予選はがらりと様子を変えた。もてぎの予選では、セッション開始とともにコースインをしたのは9台ほど。稲垣誠、中山真太郎が57秒台でトップ2。その後徐々にコースイン車両、ピットに戻る車両と入れ替わり、田尻克行の57秒412に続いて岩戸亮介が57秒182でトップタイムを塗り替える。その後中本郡が56秒822で逆転トップ。

セッションの終盤に、前回優勝の大崎誠之、タイヤマハの横江竜司、デチャ・クライサー、チャランポンポラマイが登場し、アタックをしていく。ここで横江が56秒095でトップに立ち、2番手にデチャが56秒398、次いでチャランポンが56秒507、大崎が56秒545で上位を占める。しかし、セッションの最終盤で大久保光が56秒123で2位に、榎戸育寛が56秒504で4位に割って入り、HondaCBR勢が一矢報いることになった。

詳しいリザルトはこちら
MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

2015 SUPERBIKE ROUND 3 : MOTEGI ST600 Pole Position Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る