[MFJ]JRR Rd.3 J-GP3 予選 國峰啄磨が終盤のアタックでポールポジション獲得!

一部に雲が広がるものの、青空の広がる好天に恵まれたもてぎ。最初の公式予選はJ-GP3クラス。35分のセッションは、当初から、澁田晨央、栗原佳祐、水野涼、徳留真紀、三原壮紫らが2分2秒台で上位争いを繰り広げる。中盤頃から各ライダーのアタックはさらに激しさを増し、前回優勝の真崎一輝、國峰啄磨らも上位に上がってくる。

残り10分頃、三原に続いて栗原も01秒台に入れると、國峰、水野、古市右京も続く。そして残り5分頃に國峰が01秒317で遂にトップに立ち、さらにタイムを縮めて01秒293でポールポジションを獲得した。2番手は01秒341で栗原、3番手の古市が01秒672、三原が01秒731でセカンドロウ4番手、水野、徳留とここまでが01秒台となった。

詳しいリザルトはこちら
MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

2015 SUPERBIKE ROUND 3 : MOTEGI J-GP3 Pole Position Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る