鈴鹿8耐にヤマハがファクトリー参戦!MotoGPライダー同士の火花が散る!

真夏の祭典、鈴鹿8耐まで2か月を切り、にわかに騒がしくなってきた日本のレースシーン。ヤマハは2015年7月23〜26日に三重県・鈴鹿サーキットで開催される “コカ・コーラゼロ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース第38回大会に、2002年以来のファクトリー体制となる「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」で参戦することを発表した。

ライダーは現全日本チャンピオンの中須賀克行選手とMotoGPで活躍するポル・エスパルガロ選手、ブラッドリー・スミス選手の3選手。チーム監督には全日本でファクトリーチーム監督を務める吉川和多留氏を迎え、新型「YZF-R1」がベースの鈴鹿8耐用ファクトリーマシンを投入。ヤマハにとって19年ぶり5回目の優勝を目指す。

エースの中須賀選手は前人未到の全日本4連覇を狙う、今最も乗れている日本人ライダーであることは間違いないが、一方で今回8回目の出場になる鈴鹿8耐では未だ優勝経験はない。今年はヤマハが本腰を入れてのファクトリー参戦を早々と宣言しているだけに、本人も優勝の二文字を心の底から渇望しているはずだ。

ポル・エスパルガロとブラッドリー・スミスという若き二人のMotoGPライダーをチームメイトに迎え、さらにフルチェンジして戦闘力を大幅にアップさせた最新型のYZF-R1を投入するなど、これ以上はないと思える盤石の布陣で臨む今年の鈴鹿8耐。表彰台の頂点以外に目指すものはないはずだ。

ただ、ライバル勢も黙ってはいない。昨年までの過去5年のホンダ勢による優勝のうち、3度の頂点に輝いてきたMuSASHi RT HARC-PRO.は今年、元MotoGP王者のケーシー・ストーナーをエースに起用した。ストーナーは2012年に突然GP引退を表明したものの、現在でもHondaレーシング(HRC)とテストライダー契約を続行。日々進化するMotoGPマシンの開発に協力するなど、常に最前線に近い場所に身を置いている。その走りは未だ一線級と言われ、現役MotoGPライダーに限りなく近いパフォーマンスを発揮してくれるに違いない。

これ以外にも全日本JSB1000に柳川明と渡辺一樹の2台体制で臨んでいる「Team GREEN」を筆頭とするカワサキ勢や、8耐の顔とも言える古豪「ヨシムラスズキ」と一昨年には元WGP王者ケビン・シュワンツを起用するなど毎年話題作りには事欠かない「Team KAGAYAMA」などのスズキ勢にも注目が集まる。

国産メーカーによる久々のファクトリー体制に、現役世界グランプリライダーの参戦など例年以上に盛り上がりが期待できる今年の鈴鹿8耐。その興奮をぜひライブで観戦してほしいと思う。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
ヤマハ、鈴鹿8耐「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の参戦概要を発表
今年は家族でお得な鈴鹿8耐「子どもと一緒に!キャンペーン」チケット発売中

鈴鹿8耐観戦券はWebikeショッピングでも販売中!
http://www.webike.net/tab/parts/br/1821/

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る