[IRC]JNCC Rd.3 爺ヶ岳、熊本悠太が好成績

日時:5月24日
会場:長野県爺ヶ岳スキー場
天候:晴れ
コンディション:ドライ
PHOTO&TEXT:宮崎大吾

JNCCシリーズの中でも最大の人気とエントリー数を誇る爺ヶ岳スキー場で、JNCC第3戦が開催された。IRCサポートライダーは、AA1クラスに熊本悠太が参戦。またAクラスに在原勉が出走した。

リアタイヤにVE33を使用して好成績を出す熊本だが、ここ爺ヶ岳ではiX-09W GEKKOTAを愛用。今回は路面が乾燥していて、爺ヶ岳としては珍しく大量の砂埃が舞うコンディション。スタート直後から前走車の巻き上げる埃でラインが見えず、多くのライダーが苦戦した。またガレクライムの路面も乾燥していて、掘り起こされた浮き石に苦戦するライダーの姿も多く見られた。

そんななか熊本はスタートで順調に中盤手に浮上し、1周目は5番手で戻ってきた。しかし周回遅れがラインを阻むなど一気に難しいコンディションとなる2周目、10番手にポジションダウン。そこからハードエンデューロライダー&GEKKOTAの本領を発揮し、安定したラップを重ねて8位でフィニッシュした。

一方Aクラスの在原は今回苦戦を強いられた。オープニングラップは10番手だったものの、2周目に24番手までダウン。ガレクライムでは砂埃でラインが読めず、苦戦を強いられたが、その後は新規開拓されたウッズを快調に攻めて18位でゴールした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る