[KTM]AMA MX Rd.2 グレンヘレン、ムスキャン、ヒル、ネルソンが250クラス総合で表彰台を独占

カリフォルニア州で開催された『2015AMAモトクロス/第2戦グレンヘレン』。Red Bull KTMファクトリーチームから450クラスに参戦した#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は6-2の総合3位。250クラスに参戦した#25/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)は1-1の完全勝利。#32/Justin Hill(ジャスティン=ヒル)が2-5の総合2位、またLucas Oil/Red Bull/Troy Lee Designs/KTMの#28/Jessy Nelson(ジェシー=ネルソン)が4-4の総合3位となり、総合でKTMライダーが表彰台を独占しました。

■450クラス
レース1で好スタートを切ると、最初の大きな上り坂を3位で駆け上がってきたダンジー。2周目に2位、3周目にトップに浮上します。しかし8周目にエンジンストール。E・トマック(ホンダ)に先行を許します。その後2位をキープしたまま周回を重ねますがファイナルラップに再びエンジンがストール。6位に順位を落としてフィニッシュとなりました。

レース2でも好スタートを切ったダンジー。第1コーナーを2位で通過します。そのままの順位をキープし周回を重ねたダンジーは2位でフィニッシュ。6-2の総合3位でレースを終えました。

ダンジーのコメント:
「この週末はマシンのセットアップを大きく進めることが出来た。レース1は残念な結果になってしまった。しかしにチームが原因を突き止めリカバリーしてくれたおかげでレース2では2位を獲得できた」

■250クラス
ムスキャン、ヒルともに10位付近でスタートしたレース1。ムスキャンは前車を上手く捌き1周目をネルソンに次ぐ2位で通過。ヒルは5位につけていました。その後ムスキャンはネルソンとトップ争いを展開。そして7周目にムスキャンがトップに出ると徐々に差を広げ、そのままゴール。2位以下に6秒もの差を付けていました。またヒルは後半ペースを上げ、ラスト3周でネルソンをかわし2位に、ネルソンはラスト1周で4位となりチェッカーを受けました。

レース2でもムスキャンは好調。好スタートを切ると2周目にトップに立ちます。一方ヒルはスタートに失敗、1周目を14位で通過します。しかしそこからペースを上げ翌周には4人をパス。ムスキャンがミス無くレースを進め、後続に6秒差を付けチェッカーを受けたとき、ヒルは5位まで順位を上げていました。またネルソンは終盤まで表彰台ポジションを走っていましたが最終周で順位を下げ4位に。しかしネルソンは4-4で総合3位となり、今シーズン初めて総合の表彰台に登りました。

チーム監督/ロジャー・デ・コスタのコメント:
「3人のライダーが総合の表彰台を独占した。こんな良い日はない。我々は、この3人のライダーを誇りに思う」

次戦/第3戦は5月30日(土)、コロラド州サンダーバレーで開催されます。

■450クラス 決勝結果:
1, Eli Tomac(1-1)
2, Justin Barcia(2-4)
3, Ryan Dungey(6-2) – KTM
4, Ken Roczen(8-3)
5, Weston Peick(5-6)

◎450クラス ポイントスタンディングス ポイントスタンディングス
1, Tomac, 100point
2, Dungey(KTM), 81
3, Peick , 64
4, Baggett, 61
5, Barcia, 58

■250クラス 決勝結果:
1, Marvin Musquin(1-1) – KTM
2, Justin Hill(2-5) – KTM
3, Jessy Nelson(4-4) – KTM
4, Joey Savatgy(3-7)
5, Alex Martin(11-2)

◎250クラス ポイントスタンディングス ポイントスタンディングス
1, Musquin (KTM), 97 point
2, J・Martin, 78
3, A・Martin , 65
4, Savatgy , 58
5, Hill (KTM), 52

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る