【イベント】ツインリンクもてぎで「全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦」が開催

MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦が、ツインリンクもてぎで2015年5月30日(土)・31日(日)に開催される。開催当日は、「もてぎロードレース選手権第3戦 MFJ レディースロードレースQueen&Princess Trophy」が併催される他、週刊バイクTVのイベントも企画されている。

ライダーは入場・駐車料金無料。なお、5月20日〜5月22日の期間、メーカー合同テストが行われている。

以下、プレスリリースより

モビリティランドは、ツインリンクもてぎにて、2015年5月30日(土)・31日(日)に、「2015MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 スーパーバイクレースinもてぎ」を開催いたします。国内外の最新1000ccスポーツバイクで争われる国内最高峰クラスのJSB1000、改造範囲が狭く市販の600ccミドルスポーツバイクに近いST600、世界グランプリのMoto2、Moto3に通じるJ-GP2、J-GP3の全4クラスのレースを開催いたします。なお、JSB1000では、全日本ロードレースでは初めてとなる予選方式を採用いたします。また、昨年に続き、「もてぎロードレース選手権第3戦 MFJ レディースロードレースQueen&Princess Trophy」を同日開催いたします。

見どころ

■JSB1000クラス
中須賀一歩リードも4メーカーエースライダーの激突とルーキーたちの活躍でさらに戦いは激化!

オートポリスで2戦目を迎えたJSB1000は、ノックアウト方式で行われた予選Q1で高橋巧がオイルに乗りコースアウト。直後に中須賀克行、津田拓也が激しく転倒する事態となり赤旗中断、二人はメインカーを失いながらもQ2進出。中須賀は意地のポールポジション獲得。ルーキーたちの活躍も顕著で、彼らがトップ争いに絡めば、予測のつかない戦いとなり激戦は必死。最高峰クラスに相応しいハイパワーバトルとなるだろう。

■J-GP2クラス 
打倒高橋裕紀。実力者の存在と成長著しい若手の台頭でこのクラスから目が離せない!

Moto2復帰を目指し、10年ぶりに全日本ロードレース選手権に参戦した昨年、6戦中4勝を挙げタイトルを獲得した高橋裕紀が今季V2を狙う。さらに高橋はアジアロードレース選手権にも参戦を開始しダブルエントリーの忙しいシーズンを迎えた。生形、岩田、関口の実力者に加え、成長著しい若手の台頭と誰が高橋を止めることができるのか注目だ。

■ST600クラス 
タイヤのマネジメントがレースの鍵を握る!

今季からブリヂストンタイヤのワンメイクとなったST600。使えるタイヤは、ドライコンデションで前後1セットとなり、予選、決勝と(ウォームアップは除く)1セットで戦わなければならない。ウェットコンデションの場合は制限解除となる。もてぎ戦でも、短時間でセットアップを導きだし、タイヤマネジメントに長けたベテラン勢優位の戦いとなりそうだ。

■J-GP3クラス
フレッシュな顔ぶれからニュースター誕生の予感!

V2チャンピオンの山田誓己はFIM・CEVレプソル国際選手権(旧スペイン選手権)へ参戦開始。トップ争いに加わっていた鳥羽海渡、伊達悠太も同大会に参戦。ゼッケン1不在の戦いが始まった。年間エントリー28名中12名がユースライダー(12歳から17歳対象)の戦いはニュースター誕生の予感。

■JSB1000クラス
豪華ラインアップの今シーズン!新旧入り乱れての激闘から目が離せない!!

V今年のJSB1000のラインアップは、例年にない豪華なものだ。オフシーズンにヤマハが「ワークス復活」を宣言。5度のタイトルに輝きV3を達成した絶対王者中須賀克行がワークスチーム「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から参戦。ユースチーム「YAMALUBE RACING TEAM」に藤田拓哉、野左根航汰の若手が加わった。新旧ライダー入り乱れての激闘は第2戦以降も目が離せない。

MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦

■大会名称
2015 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 スーパーバイクレースinもてぎ

■開催日
2015年5月30日(土)・31日(日)

■開催クラス
JSB1000、ST600、J-GP2、J-GP3

■併催
2015 もてぎロードレース選手権 第3戦 MFJレディースロードレースQueen&Princess Trophy

■決勝レーススタート時間(予定)
5月31日(日) J-GP3 10:40〜
・ST600 12:45〜
・J-GP2 14:00〜
・JSB1000 15:15〜
・Queen & Princess Trophyクラス(もてぎロードレース選手権) 16:25〜

※スタート時間は、進行上の都合により、変更となる場合がございます。

メーカー合同テスト情報
・2015年5月20日〜5月22日
 http://www.twinring.jp/superbike_m/official-test/index.html
 
その他
特設ページ:http://www.twinring.jp/superbike_m/
チケット:http://www.twinring.jp/superbike_m/ticket/index.html

週刊バイクTV杯 勝手にツーリングアワード2015
毎年恒例、週刊バイクTVコラボ企画「勝手にツーリングアワード」を今年も開催します。ツーリングでツインリンクもてぎを楽しもう!をコンセプトにバイクでご来場のお客様で受付いただいた方を対象に、勝手にいろいろな賞典を選定いたします。表彰はグランドスタンドプラザプラザ特設ステージで実施し、TV・WEBTVでも後日放送されます!バイクでご来場の方は是非ご参加ください! さらに!当日エントリーいただいた方、先着200名様に「週刊バイクTV」ステッカープレゼント!

・開催日
 2015年5月30日
 【受付】〜11:00
 【表彰式】12:00〜12:45
 
・開催場所
 【受付会場】S2駐車場 ※南ゲートからご入場ください。
 【表彰式会場】中央エンランスオフィシャルステージ
 

その他 コンテンツ
・全日本ライダートークショー
・JSB1000 TOP3ライダートークショー
・サーキット・ツアーズ
・表彰式 ファミリーエリア
・キャンギャルオンステージ
・入場・駐車料金無料!グランプリロードR123メンバーズ感謝Day
・ご自身のバイクで近くの観戦ポイントまで行ける!
・グランプリロードR123メンバーズパレード
・レーシングマシン乗車体験
・Hondaのバイク限定!ホンダコレクションホール中庭フォトセッション
・カウントダウンGP700勝ラウンジ
・家族みんなでコースウォーク
・コチラレーシングのキッズピットウォーク
・コチラレーシングのキッズグリッドウォーク
・なりきりエンジェルスペシャル!〜スタート直前!ドキドキのカウントダウンボードアップ!〜
・コチラファンクラブ限定!スペシャル観戦シート
・モビパークでお得にあそぼう!
・モトレーサー全日本ロードレース記念タイムトライアル!
・レーシングカートスペシャルタイムトライアル!
・ファミリーで競争!つばさフライトチャレンジ!
・やった!がぐんぐーんチャレンジ!
・ハローウッズ“ライダーお休み処”

イベント詳細はこちら

【関連ニュース】
◆ツインリンクもてぎ、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズのチケットを発売

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る