[KTM]AMA MX Rd.1 ハングタウン450ダンジーと250ムスキャンがともに総合2位を獲得

カリフォルニア州サクラメントで開催された『2015AMAモトクロス/開幕戦ハングタウン』。アメリカにおける2015年モトクロスシーンはアウトドアへと移りました。

今シーズンのRedBull KTMファクトリーチームは、450クラスにスーパークロスでチャンピオンを獲得した#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)が450SX-Fを駆り参戦。250クラスには、250スーパークロス東地区でチャンピオンを獲得したオンを獲得した#25/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)と#32/Justin Hill(ジャスティン=ヒル)が250SX-Fを駆り参戦します。

■450クラス
レース1でダンジーはホールショットを獲得、しかし第2コーナーで2位となります。その後もトップを走るE・トマック(ホンダ)とバトルを繰り広げますが、そのまま2位でチェッカー。レース2でも好スタートを切ったダンジー。第1コーナーを4位付近でクリアします。その後すぐに2位に上がりますが、終盤もその位置をキープしチェッカー。2-2で総合2位となりました。

ダンジーのコメント:
「開幕戦で表彰台を獲得でき良かった。シリーズを通して考えても良いスタートが切れた」

■250クラス
レース1、ムスキャンはTOP3内でスタート。ファーストラップを2位で通過します。しかし幾つかミスを冒したムスキャンは4位にポジションダウン。その後プッシュし、表彰台圏内にポジションを回復します。そして7周目、前を行く2人のライダーをかわしトップに。その後もプッシュし、1位でチェッカーを受けたときには2位以下に4秒もの差を付けていました。ヒルはアンラッキーでした。オープニングラップでクラッシュし、マシン修復しメカニックエリアからレースに復帰したときには最後尾になっていました。しかしあきらめること無くプッシュしたヒルは最後尾40位から20位まで順位を回復しチェッカー。レース2、スタートで出遅れたムスキャンは10位付近、2周目には7位、4周目には4位に浮上します。その2周後には2位に順位を上げ、そのまま2位でチェッカー。その結果1-2の総合2位でレースを終えました。ヒルはレース1よりは好スタートを切り、レースを通してプッシュし続け7位でフィニッシュ。25-7で総合13位を獲得しました。

ムスキャンのコメント:
「今日のパフォーマンスには満足している。もちろん総合優勝がベストだったが、開幕戦としてはこの結果も悪くない。次戦に繋がるだろう」

次戦/第2戦は5月23日(土)、カリフォルニア州ハングタウンで開催されま
す。

■450クラス決勝結果:
1,Eli Tomac(1-1)
2,Ryan Dungey(2-2)-KTM
3,Jason Anderson(3-7)
4,Weston Peick(8-3)
5,Blake Baggett(4-6)

◎450クラスポイントスタンディング
1,Tomac,50point
2,Dungey(KTM),44
3,Anderson,34
4,Peick,33
5,Baggett,33

■250クラス決勝結果:
1,Jeremy Martin(2-1)
2,Marvin Musquin(1-2)-KTM
3,Chris Alldredge(5-3)
4,Alex Martin(6-4)
5,Anthony Rodriguez(7-6)
13,Justin Hill(25-7)-KTM

◎250クラスポイントスタンディング
1,Martin,47point
2,Musquin(KTM),47
3,Alldredge,36
4,Martin,33
5,Rodriguez,29

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る