[BRIDGESTONE]JMX IA1 Rd.3 熱田孝高、小島庸平、新井宏彰が表彰台

2015年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第3戦中国大会は、五月晴れの好天に恵まれた広島県の世羅郡世羅町の世羅グリーンパーク弘楽園で開催された。

広島のほぼ中央部、果樹栽培などが盛んな高原地帯にあるコースは、固く締まる土質と、ダイナミックかつハイスピードなレイアウトが特徴。大会期間中は土曜日の明け方までまとまった雨が降ったこと、また開催に備えコース全面の入念な掘り起こしを行ったことで、硬い部分とコーナーに数多くのレールが刻まれる比較的柔らかい部分が混在し、また決勝日は強い日差しが照りつけたため、砂埃対策の散水が行われ、ウェットな路面が徐々に乾いていくという難しいコンディションとなった。

従来中国大会は、5月と10月のシーズン2開催だったが、今年は5月の1戦のみとなったことなどから、公式発表で4165名のファンが来場し、随所でバトルが繰り広げられる熱いレースを楽しんだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る