[HONDA]MotoGP Rd.5 フランスGPプレビュー

第5戦フランスGPが、5月15日(金)〜17日(日)の3日間、ル・マン・サーキットで開催されます。フランスGPは、1951年にアルビで第1回大会が行われ、その後、ルーアン、ランス・グー、クレルモン・フェラン、ル・マン、ポール・リカール、ノガロ、マニクールなどで開催されてきました。今年で52度目を迎えます。

ル・マンでは、1969年に初めてフランスGPが開催されました。その後、ポール・リカールとル・マンを主な舞台とし、2000年からは、ル・マンがフランスGPの地として定着しました。今年で16年連続、通算28度目の開催となります。

パリの南西約200kmに位置するル・マンは、四輪車の24時間耐久レースの舞台として世界的に知られています。このレースは、一部市街地を利用するサルテ・サーキットで行われますが、二輪のグランプリとニ輪の24時間耐久レースは、一周4.185kmのブガッティ・サーキットで開催されます。

ル・マンで開催されるフランスGPは、2000年以降、5月開催が定着しました。この時期のル・マンは天候が変わりやすく、レース中の天候の変化によるフラッグ・トゥ・フラッグが何度も行われてきました。ル・マンでは、晴れると気温が高くなる一方、天候が崩れると気温が下がるという、選手やチームにとっては、コンディションの見極めが難しいレースになります。

昨年の大会は、史上最年少チャンピオンのマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、ポール・トゥ・ウインを達成しました。MotoGPクラスにデビューした13年は、雨が降る中、ポールポジションから3位でフィニッシュしました。青空が広がった昨年の大会は、オープニングラップに他車との接触を避けるためにオーバーラン。ポジションを大きく落としましたが、すばらしい追い上げで優勝を果たし、集まったファンを喜ばせました。

前戦スペインGPでは、トレーニング中に左手小指を骨折、手術から1週間という厳しい状態で大会に挑みましたが、予選2番手、決勝2位というすばらしい結果を残しました。左手小指の状態が快方に向かっている今大会は、第2戦アメリカズGP以来のシーズン2勝目が期待されます。

チームメートのダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、今大会から復帰します。今年は開幕戦カタールGPで右前腕部の腕上がりに苦しみ、カタールGPを終えたあとに手術を受けました。前戦スペインGPで復帰する予定でしたが、十分に回復していなかったことから、復帰は第5戦フランスGPまで見送られました。ペドロサはこれまでル・マンにおいて、125ccクラスで1度、250ccクラスで2度、MotoGPクラスでは13年に1度優勝しています。復帰戦となる今年は、フランスGPでの5度目の優勝を目指します。

CWM LCR Hondaに移籍して5戦目を迎えるカル・クラッチローは、今季2度目の表彰台と初優勝を狙います。今年は開幕戦カタールGPと第2戦アメリカズGPで連続7位と、シーズン序盤はフリー走行や予選のスピードをなかなか結果につなげることができませんでした。しかし、第3戦アルゼンチンGPで今季初表彰台となる3位に入り、続く第4戦スペインGPは4位でフィニッシュしました。レースをこなすにつれて表彰台争いの常連となってきたクラッチローの、今大会の活躍が注目されます。

Repsol Honda Teamの2人やクラッチローと同じく、RC213Vを駆るスコット・レディング(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、フリー走行と予選では、マシンのポテンシャルを引き出せるようになってきていますが、決勝ではなかなか結果に結びつけることができていません。前戦スペインGPのあとに行われた公式テストでは、徹底的に走り込みを行いました。今大会はその成果を発揮する意気込みです。

Hondaのオープンカテゴリーマシン「RC213V-RS」に乗る4選手も、ル・マンに闘志をかき立てられています。ルーキーながら、4戦を終えて2大会でポイントを獲得しているジャック・ミラー(CWM LCR Honda)は、今季3度目のポイント獲得とベストリザルトを目指します。ニッキー・ヘイデン(Aspar MotoGP Team)も第2戦アメリカズGPの13位を上回る、今季ベストリザルトを目指します。カレル・アブラハム(AB Motoracing)とユージン・ラバティ(Aspar MotoGP Team)は、今季初ポイントを狙います。

Moto2クラスは、ウインターテストで好調だったヨハン・ザルコ(Ajo Motorsport)が、4戦を終えて1度の優勝と2度の優勝という安定した走りでランキングトップ。前戦スペインGPで今季2勝目を挙げたジョナス・フォルガー(AGR Team)が2位に浮上。Moto2クラスのルーキー、アレックス・リンス(Paginas Amarillas HP 40)が3位と続き、トップから3位までが24ポイント差となっています。

以下、トーマス・ルティ(Derendinger Racing Interwetten)、フランコ・モルビデリ(Italtrans Racing Team)、サム・ロース(Speed Up Racing)、ディフェンディングチャンピオンのティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)、ザビエル・シメオン(Federal Oil Gresini Moto2)、ミカ・カリオ(Italtrans Racing Team)、ハフィズ・シャーリン(Petronas Raceline Malaysia)と続き、ここまでがトップ10。これまで接戦が続いているMoto2クラス。毎年フランスGPは、厳しい戦いが繰り広げられます。ランキング争いでも接戦が続いているだけに、今大会も熱い戦いとなりそうです。中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)は、第2戦アメリカズGPの10位を上回る、今季ベストリザルトを目指して気合十分です。

Moto3クラスは、ダニー・ケント(LEOPARD Racing)が第2戦アメリカズGP、第3戦アルゼンチンGP、第4戦スペインGPと3連勝を達成し、ランキングトップをひた走っています。総合2位に今季2度の表彰台に立っているエフレン・バスケス(LEOPARD Racing)、総合3位にルーキーのファビオ・クアルタラロ(Estrella Galicia 0,0)、総合4位にエネア・バスティアニーニ(Gresini Racing Team Moto3)と、Honda勢が上位4位までを独占。今大会は、Honda勢の開幕からの5連勝に期待が寄せられます。尾野弘樹(LEOPARD Racing)は、今季2度目のポイント獲得を目指します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る