[Kawasaki]SBK Rd.5 レイが今季3度目の完全勝利!サイクスが両レースで2位

■ 2015年 スーパーバイク世界選手権 第5戦 イタリア大会
■ 開催日:2015年5月10日(日)
■ サーキット名:イモラ・サーキット(4.936 km)

スーパーバイク世界選手権第5戦イモラ大会が、5月8日から10日までの3日間、イタリアのイモラ・サーキットで開催された。イモラでスーパーバイク世界選手権が初めて開催されたのは2001年。以来、コース改修のために開催されなかった07年と08年を除き、今年で13回目を迎える。イモラは過去12回大会のうち、実に7回のダブルウィンが達成されており、Kawasakiも13年にトム・サイクス(Kawasaki Racing Team)がダブルウィンを達成している。

イモラ・サーキットは一周4.936km。アップダウンに富み、中速コーナーが連続するテクニカルコース。最高速は280km/h台だが、平均時速は160km/h台となる高速サーキットのためライダーたちの評判は良く、パッシングポイントが多いことから観客にも喜ばれるサーキットとなっている。

この数年、Kawasaki Racing Team のサイクスはイモラで好成績を挙げてきた。2012年連続2位、13年ダブルウィン、14年は3位&5位という結果を残している。さらに、4戦8レースを終えて6勝2位2回と絶好調のジョナサン・レイ(Kawasaki Racing Team)は、昨年、他メーカーのマシンでダブルウィンを達成するなど、これまでイモラでは通算3勝を挙げており、Kawasaki Racing Teamに移籍した今年は、2年連続完全勝利への期待が膨らんでいた。

そんな期待にレイが応えた。フリー走行、予選とセットアップに集中したレイは、ポールポジションを獲得したジュリアーノ(ドゥカティ)とチームメートのサイクスと僅差の3番手グリッドを獲得。キャリア29回目のフロントローから決勝に挑むことになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る