【新製品】ガエルネ、新型ツーリングブーツ「G-MIDLAND GORE-TEX(R)」を発売

ヨーロッパの様々なバイク用品を輸入・販売しているジャペックスは、同社の扱うブランド、「ガエルネ」のGORE-TEXとの新型コラボレーションブーツ「G-MIDLAND GORE-TEX(R)」を2015年4月23日に発売した。

内装にはGORE-TEX素材を使用し、表皮は一頭の牛から限られた量しか取れないルグレインレザーが使用されている。また、2ヶ所に設けられた調整可能なバックルにより、着脱が容易となっている。

以下公式サイトより

人気のG-MIDLANDにGORE-TEX(R)が搭載
長距離ツーリングやアドベンチャーツーリング用に開発されたG-MIDLANDは、長時間履いていても疲労を感じさせない軽さと履き心地でライダーの旅をサポート。オートバイでの長旅は自然に晒されるということ。GORE-TEX(R)を採用し雨や風、寒さなど変化の激しい環境下でも快適なライディングを約束します。

G-MIDLAND GORE-TEX(R)“どこまでも走り続けたい”ツアラー達へ
ガエルネからの答えがここにある。

本体
ブーツ本体には、一頭の牛から限られた量しか取れないフルグレインレザーを採用しています。ブーツの背中にあたる部分には伸縮性がある素材を使用し、ふくらはぎにぴったりとフィット。オートバイに接する内側には、滑り止めパターンのプレス加工が施された耐熱仕様のスエード革を採用。上部のベルクロ、下部の2つのバックルシステムで、ブーツを履くとき、脱ぐときには簡単かつすばやく行うことができます。ストラップ(ベルト)は3mm単位での細かな調節が可能です。ソールにはダボス社製のブロックパターンソールを採用。グリップも良く、ツーリング先での散策に適しています。

プロテクション
すね部分には樹脂製のプロテクターを内蔵。万が一のアクシデントの際、ダメージを受けやすいくるぶし、かかと部分にはプラスチック製のプロテクターを装着。路面と接触しやすい小指部分には厚めの合成皮革が縫い付けられています。つま先には熱成型されたカップ型のつま先ガードを内蔵しています。

内装
内装には防水耐久性、防風性、透湿性を高度な次元で兼ね備えたGORE-TEX(R)を採用。その高いパフォーマンスが快適な靴内環境を約束します。また長きにわたってその高性能が保たれるGORE-TEX(R)ならではの耐久性も魅力です。内装のくるぶし部分にはソフトパットを装備し、高いフィット感と良好な履き心地を味わえます。

■ブランド
ガエルネ

■商品名
G-MIDLAND GORE-TEX(R)

■販売価格
37,500円(税抜)

■サイズ
25cm〜28.5cm(0.5cm刻み)

■カラー
ブラック

■外装
フルグレインレザー

■内装
GORE-TEX(R)

■ソール
ダボス製ソール

■標準装備
インナーソール

■重量/全高
約1,100g(26.5cm片足分)
29.5cm(26.5cmの場合)

■木型
日本人専用木型使用

▼ジャペックススタッフが教える!GAERNE MIDLAND VS ADVENTURE

▼Gaerne Midland Motorcycle Boots Review at Jafrum.com

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る