[REPSOL]MotoGP マルケスと青山が実りの多いテストを終了

スペインGPが終わったが、レプソル・ホンダチームのライダー、マルク・マルケスと青山博一はヘレスのコースに戻り、HRCのテストを行った。

ケガの疲労と、回復する時間を与えるために、レースで2位だったマルケスは、わずか2時間テストしただけだったが、日本からHRCが用意した新しいスイングアームに対して、彼のフィードバックを得ることが重要だった。マルケスは全体の5番目、ベストタイム1:38.968、31ラップで終了した。

青山はレースの不運なクラッシュにより肩にひどく擦り傷を負っていたが、いくつかある彼のテストスケジュールを完遂した。彼もまた新しいスイングアームをテストし、ランチ後はオーリンズ・サスペンションと電気系のテストをした。青山は60ラップを走り、ベストラップは1:40.342。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る