[REPSOL]MotoGP マルケスと青山が実りの多いテストを終了

スペインGPが終わったが、レプソル・ホンダチームのライダー、マルク・マルケスと青山博一はヘレスのコースに戻り、HRCのテストを行った。

ケガの疲労と、回復する時間を与えるために、レースで2位だったマルケスは、わずか2時間テストしただけだったが、日本からHRCが用意した新しいスイングアームに対して、彼のフィードバックを得ることが重要だった。マルケスは全体の5番目、ベストタイム1:38.968、31ラップで終了した。

青山はレースの不運なクラッシュにより肩にひどく擦り傷を負っていたが、いくつかある彼のテストスケジュールを完遂した。彼もまた新しいスイングアームをテストし、ランチ後はオーリンズ・サスペンションと電気系のテストをした。青山は60ラップを走り、ベストラップは1:40.342。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  2. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
  3. 年が明けて心機一転、愛車のお手入れ初めにオイル交換はいかがでしょうか。 オイルの基礎知識、…
  4. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
ページ上部へ戻る