【新製品】マーヴェリックからヤマハYZF-R25用レーシングフルエキゾーストが発売

オートバイマフラー・パーツの企画・製造、販売を行っているクラフトアルマジロが展開するマーヴェリックブランドから、YZF-R25用のレーシングフルエキゾーストが2015年5月1日に発売された。適正なパイプ長と等長を実現するために複数の曲げを使用した曲線パイプが、MAVERICKのレーシングエキゾースト製作コンセプトに限りなく近い等長パイプを実現している。

以下公式サイトより

レーシングエキゾーストである以上、その造形には理由がある!
フルスペックレーシングウェポン、YAMAHA YZF-R25用 MAVERICK RACING FULL EXHAUST

レーシングプロダクトとしてのエキゾーストシステム。そこに求められる幾多のエレメントを可能な限り追求した結果のカタチがここにある。MAVERICKのレーシング フィロソフィーがYZF-R25 RACING FULL EXHAUST に昇華する。

■名称
YAMAHA YZF-R25/ABS レーシングフルエキゾースト
レース専用品

■適合車種
YAMAHA YZF-R25/ABS

■価格
108,000円(税抜)

■発売日
2015年5月1日

■仕様
・ジョイントパイプ/ステンレス 2-1
・サイレンサー/オーバルチタンD130
・重量/2.3kg
・近接103db

■軽量ステンレスエキゾーストパイプ/1.25Kg

1.0mmの薄肉軽量ステンレスパイプは、その適正なパイプ長と等長を実現するために複数の曲げを使用した曲線パイプとなり、MAVERICKのレーシングエキゾースト製作コンセプトに限りなく近い等長パイプを実現。また、ヘッダーパイプ部にはコニカルパイプを採用しスロットルレスポンスの追及とともに、中速域のパンチ向上に効果的なバイパスシステムを設定。250クラスにMAVERICKテクノロジー凝縮の一本です!


■R25専用サイレンサー

マス集中にも貢献する車体下部に配置したサイレンサーはR25専用品。限られたスペースに納めるべく数種類のサイレンサーから選択されたのはパワーと消音性のバランスを第一に考え、コストよりも性能優先とした軽量オーバルチタンD130サイレンサー(1.0Kg)。また、その排気口にはエレファントノーズと命名したテーパーパイプをジョイント。その奇異なデザインは、リアタイヤの直前に位置するサイレンサーからの万一のエンジンブロー時の危険性を考慮したもの。考えうる限りの安全性の追求もMAVERICKがレースシーンの最前線で選択され続ける理由のひとつです。エレファントノーズはスプリングジョイントタイプとして、クラッシュ時のサイレンサー修復時間の短縮、コスト低減にも配慮しています。

一般的なジョイントパイプで車体横にサイレンサーを配置する仕様としなかったのは、一番の狙いは性能であり、それを追求した結果としてのレイアウト、デザインです。エレファントノーズはそんな性能重視のカタチを支える隠し味なのかもしれません。
日本国内より先行テストを重ねたアジアでの情報をベースに独自のコンセプトで開発、枠にハマった発想ではMAVERICKは満足しません。
MAVERICKの意欲作、YZF-R25 RACING FULL EXHAUST をぜひお試しください。

YAMAHA YZF-R25/ABS レーシングフルエキゾースト

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る