【新車】ドゥカティ、500台限定のリミテッド・エディション、「ディアベル・チタニウム」の受注を開始

ドゥカティジャパンは、昨年11月に開催されたミラノショーで発表され、多くの注目を集めた500台限定のリミテッド・エディション、「ディアベル・チタニウム」の受注を2015年5月11日に開始した。高い強度と軽量性を両立させたチタニウムを採用しており、また、化学的なサテン処理により、見る角度によって色の陰影がさまざまに変化する。日本導入は、2015年7月導入予定。

以下、プレスリリースより

●ディアベル・チタニウムは、ボローニャの情熱から生まれ、スタイル、エクセレンス、クラフトマンシップを融合したスペシャル・バージョン
●チタニウム、カーボンファイバー、最高品質の仕上げに加え、専用デザインを採用
●500台限定のリミテッド・エディションは、スペシャル・バージョンの製作および最高レベルのカスタマイゼーションに対するドゥカティの取組みを強調

昨年11月に開催されたEICMA(ミラノショー)で発表され、大きな注目を集めた500台限定のリミテッド・エディション、ディアベル・チタニウムの生産が順調に行われています。最初のモーターサイクルは、このドゥカティ製スペシャル・バージョンの到着を待ち望む熱狂的なファンに向け、ドゥカティ・ストアに随時出荷されていきます。

最高品質のコンポーネントのみを使用し、数多くの専用装備が施されたディアベル・チタニウムは、ディアベル・ファミリー共通のダイナミックなパフォーマンスを受け継ぎながらも、デザイン、パフォーマンス、テクノロジーを高次元で融合したスタイルを身に纏っています。卓越したクラフトマンシップによって製作されたこの限定バージョンは、エクスクルーシブなモーターサイクルの新たな次元を切り拓きます。

このディアベルの大きな特徴は、高い強度と軽量性を両立させたチタニウムを採用している点です。チタニウム製の堂々としたタンクカバー(サイドおよびセンター)とヘッドランプ・カバーには、専用のストライプが設置され、さらに化学的なサテン処理が施されて、見る角度によって色の陰影がさまざまに変化します。ディアベル・チタニウム用にデザインが見直され、幅広くなったパッセンジャーシート・カバーは、チタニウムとカーボンファイバーを組み合わせています。

カーボンファイバーは、新たにデザインされ、よりワイドでパワフルなイメージになったエアインテークにも採用され、さらにシャープでアグレッシブな印象を演出しています。ラジエーター・カバー、マイクロスクリーン、フロントおよびリヤ・マッドガード、フロントスプロケット・カバー、フィラーキャップ・カバーもカーボンファイバー製です。シートには、両サイドにレザーインサートを備えた手縫いのアルカンターラが採用され、エクスクルーシブな装備を次のレベルへと引き上げています。ダーク・クローム仕上げのフレームがディアベルの美しいラインを強調する一方で、ハイグレードなマットブラック・セラミック・コーティングが施されたエグゾースト・パイプは、ディアベル・チタニウムのスタイリング上のキー・ポイントとなっています。さらに、ディアベル・チタニウム専用にデザインされ、アルミニウムを露出させたマシン仕上げの鍛造ホイールが、このスペシャル・エディションのスタイルを完成の域にまで高めています。

ディアベル・チタニウムの燃料タンクには、シリアルナンバー(XXX/500)が刻印されたプレートが装着され、このリミテッド・エディションのエクスクルーシブな価値をさらに高めます。

DiavelTitanium日本公道仕様

■カラー
チタニウム、ダーククロームフレーム、ブラックホイール

■日本公道仕様エンジン諸元
・最高出力:112hp-82.0kW/6,500rpm(日本公道仕様)
・最大トルク:12.5kgm-117.0Nm/6,250rpm(日本公道仕様)
・日本仕様シート高:750mm(ローシートを標準装着)

■希望小売価格及び発売予定時期
・バージョン:DiavelTitanium
・希望小売価格(8%税込):3,349,000円
・導入予定時期:2015年7月導入予定

■特徴
・ドゥカティ・テスタストレッタ11°DSエンジン
・ライディング・モード(スポーツ、ツーリング、アーバン)
・ドゥカティセーフティパック(ABS、DTC)
・チタニウムセンター&サイドタンクカバー
・チタニウムヘッドライトカバー
・チタニウムインサート付きカーボンファイバー製シートカバー
・専用デザインによるカーボンファイバー製エンジンエアインテーク
・カーボンファイバー製ラジエーターカバー
・カーボンファイバー製ウインドスクリーン
・カーボンファイバー製フロント&リヤフェンダー
・カーボンファイバー製フロントスプロケットカバー
・カーボンファイバー製インストルメントパネル・カバー
・専用デザインによるマシン仕上げ鍛造アルミニウムブラックホイール
・アルカンターラシート
・ジルコテック製セラミックコーティング・エグゾーストパイプ
・ステンレススチールサイレンサー
・シリアルナンバーが刻まれたシリアル・プレート(XXX/500)

▼DiavelTitanium日本公道仕様

詳しい製品情報はこちら

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る