【新車】ヤマハ、インドスクーター市場でファッションスクーター「Fascino」を発売

ヤマハ発動機は、“Rich & Classyなモダンレトロ”をコンセプトとしたファッションスクーターの新製品「Fascino」(ファッシーノ)を2015年5月からインドで発売する。

あでやかなデザインの軽量ボディとインド115ccスクーターでトップクラスの燃費性能、使い勝手の良さを兼ね備えたスタイリッシュなモデルとなる。

以下プレスリリースより

「Fascino」の特徴は、居住性や収納力といったスクーターとしての実用機能に加え、

1)ボディを彩る豊かな曲線美とクロームメッキパーツによる高級感を調和させた新スタイリング
2)高燃焼効率エンジンによるトップクラスの燃費性能
3)燃費や扱い易さに貢献する軽量103kgの車両重量(当社インド向けスクーター最軽量)

などです。トレンドのマット系有彩色を含む全5色のカラーリングで、感度の高い若者のニーズに応えます。

▼Fascino ブラック(2015年インド仕様)

▼Fascino ブルー(2015年インド仕様)

▼Fascino シアン(2015年インド仕様)

▼Fascino レッド(2015年インド仕様)

▼Fascino ホワイト(2015年インド仕様)

製造・販売はグループ会社 IYM(India Yamaha Motor Pvt. Ltd.)が行います。

インドの二輪車市場は世界最大の1,600万台規模(2014年)、うちスクーターカテゴリーは25%以上を占め、年々伸長を続けています。当社は2012年以降「CYGNUS RAY(シグナス レイ)」シリーズや「CYGNUS α(シグナス アルファ)」といったスクーターの新製品を導入し、インド市場で新しいお客様を増やしてきました。

今回の「Fascino」は、ファッションやトレンドに敏感な若者層の「人とは違うおしゃれをしたい」「高級感が欲しい」といったニーズに応え開発した製品で、経済発展とともに社会進出を果たす女性層や、トレンドを牽引するおしゃれな若者層を中心に、今後伸長が見込まれるスクーター市場での拡販を担います。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 幅広いユーザーに人気のタクトがガス規制対応! Hondaは、50cc原付スクーター「タクト…
  2. ■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 岡山国際サーキット ■開催日:2017…
  3. ホンダは、2017年12月3日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで、モータースポーツファンの…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 BMWからニューモデル「G 310 GS」…
ページ上部へ戻る