[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.4 決勝 圧倒的な速さを披露したJ.ロレンソが第4戦スペインGPで優勝!

今回の全ライダーへの供給タイヤ
[スリック]
フロント:-ソフト、ミディアム、ハード
リア:左右非対称—ソフト、ミディアム、ハード
[ウェット]
ハード(メイン)、ソフト(予備:フロント)-エクストラハード(予備:リア)

現地時間日曜午後2時(日本時間午後9時)にスタートした決勝レースは、ポールポジションスタートのJ.ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が序盤から圧倒的な速さでリードを築き上げ、ラップレコードを更新しながら最後まで完璧にレースをコントロールして今シーズン初勝利を達成した。

昨日までのプラクティスでもぬきんでた速さを見せつけていたロレンソは、全27周という長丁場のレースのスタート直後から後続を突き放す勢いで走り続けた。2周目には1分38秒735をマークして過去に自身が記録したレース中のファステストラップ(1分39秒565:2013年)を更新。チェッカーフラッグを受けたときの総レースタイム、44分57秒246は過去の記録を20秒も塗り替える速さだった。

M.マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は、先週のトレーニング中に骨折した左手小指のケガを抱えながらも、ロレンソの5.576秒後方で2位フィニッシュを果たした。V.ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)はレース後半までマルケスを追い上げたが、最後は3位でゴールし、レースキャリア200回目の表彰台を達成した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る