[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.4 予選 J.ロレンソがラップレコードを更新してポールポジションを獲得!

第4戦スペインGPの予選は、スペイン南部の強い日差しが照りつけるなか、午後のQP2でJ.ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が他の選手を圧倒する熱い走りを披露して、ヘレスサーキットのラップレコードを更新。明日の決勝レースに向けて、今季初のポールポジションを獲得した。

ロレンソが記録した1分37秒910は、ヘレスサーキットの既存最速タイム(1分38秒120:M.マルケス:2014年)を塗り替え、当コースで初めて1分38秒の壁を破った驚異的なタイムだ。

マルケスは先週の練習中にケガをした左手小指の負傷を抱えながらも、その不利を思わせない1分38秒300という素晴らしいタイムを記録してフロントロー二番グリッドを獲得した。

三番グリッドは、A.イアンノーネ(ドゥカティ・チーム)で、マルケスと僅差の1分38秒468だった。この三名がベストタイムを記録した際の前後タイヤの組み合わせはそれぞれ異なっており、ロレンソは前後ともミディアムコンパウンド、マルケスはフロント用にハードコンパウンドとリア用にはミディアムコンパウンド、イアンノーネはハードコンパウンドのフロントタイヤとソフトコンパウンドのリアタイヤという選択だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る