[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.131

2015年シーズンの戦いは本格的な欧州ラウンドへ舞台を移し、第4戦スペインGPが同国南部のヘレスサーキットで開催されました。

全18戦中でも最も盛り上がる会場の一つであるヘレスサーキットには、レースウイークの3日間総計で24万3570人の観客が詰めかけました。Repsol Honda Teamのマルク・マルケス選手は、レースウイーク前週のトレーニングの際に左手小指を骨折するケガを負ってしまいましたが、冷静に目標を見据えた取り組みでプラクティスセッションに臨み、予選ではフロントロー2番グリッドを獲得。決勝レースには鎮痛剤を使用して臨み、負傷を思わせない力強い走りで2位表彰台を獲得しました。

腕上がりの手術から回復中のダニ・ペドロサ選手に替わって今回も代役参戦した青山博一選手は、安定感の高い走りで予選は6列目16番グリッド。決勝レースでは後半の追い上げを狙った戦略でしたが、作戦が功を奏する前に残念ながら転倒を喫し、リタイアとなってしまいました。

厳しい試練を乗り越え、勇敢な走りで目の肥えた地元ファンの期待に応えて好成績を残した選手と、その高い目標を実現するために総力を結集して全チームスタッフが戦った今回のスペインGPについて、HRCチーム代表のリビオ・スッポが振り返ります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る