BMWからスポーツ&ツーリング性能を高めた新型「R1200RS」が登場!

BMWから「BMW R 1200 RS」が登場。6月5日から販売開始となる。
R1200RSとはどんなバイクか。頭文字に「R」が付くのは水平対向エンジン、BMW伝統のいわゆるボクサーツインを搭載したモデルであり、排気量を表す1200の後に続く「RS」はBMWの中ではツーリングとスポーツの2つの性格を一台のモデルに融合させたモデルという位置づけである。
一足先に発売されたR1200Rが純粋に走りを楽しむロードスターであるのに対し、より実用性や快適性を高めたモデルということもできる。

「RS」モデルの復活は実は久々である。ボクサーツイン搭載のロードモデルとしては異端の空油冷カフェレーサーであるR nineTを除けば、現行モデルとしては「GS」、「RT」、「R」に続く第4の水冷ボクサー搭載モデルであり、ついに世代交代が完了したことになる。そこでBMWマニアの人なら、ちょっと前の「ST」はどうなったの?という疑問もあるだろうが、今度の新型「RS」は本来「ST」が担っていたスポーツツアラーの領域をカバーするオールラウンド性能を持ったモデルと見ることができる。

新型「R」と共通のエンジンは最高出力92kW(125ps)/7,750rpm、最大トルク125Nm/6,500rpmの圧倒的なパワーを発揮し、「ライディングモードPRO」の標準装備により「レイン」、「ロード」の走行モードに加え、「ダイナミック」と「ユーザー」の2つの走行モードが選択可能だ。また、リーン・アングル・センサー付きの「ダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)」の採用により優れた走行安全性を実現。クラッチ操作なしに瞬時にシフトアップ/シフトダウンも可能となった。

フレームは新開発の鋼管製ブリッジ・フレームで、フロントにはテレスコピックタイプの倒立フォークとリアにはEVOパラレバーという組み合わせ。最新世代の電子式サスペンションであるダイナミックESA(電子調整式サスペンション)を標準装備し、「ロード」と「ダイナミック」の2つのダンパー・セットアップが選択可能となっている。さらに4ピストン式ラジアルマウントキャリパーとABSを備えた高性能ブレーキシステムを搭載する。

大型のハーフカウルや肉厚リヤシート、グリップヒーター、LEDターンインジケーターを標準装備するなど旅の装備も充実しているのが特徴だ。

なおメーカー希望小売価格は189万円ということで、「R」の169万円より20万円高い設定となっている。
2014年のインターモトで発表された際も、地元ドイツのライダー達の熱い視線を集めていたR1200RS。スポーツツーリングバイクとして、日本でも多くのツーリングライダーから支持されることは間違いない。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【新車】BMW、オールラウンド・タイプの新型モデル「BMW R 1200 RS」を発売

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る