[DUNLOP]JRR ST600 Rd.2 ブリヂストンのワンメイクレース初戦は大崎がポールtoウィン

ブリヂストンのワンメイクタイヤとなったST600クラス。第2戦オートポリスで新たなスタートが切られた。金曜日の合同走行から競り合いを見せたのは大崎誠之と横江竜司。このベテラン二人のみが1分54秒台をマークする。

35分間の予選。タイヤは予選・決勝を通して1セットに制限されているため、各車アタックのタイミングを計ってセッションが開始されてもピットで待機しているライダーが多数見受けられた。セッション半ばに横江・大崎が続いてタイムアタック。横江は1分55秒038、大崎が1分54秒248で大崎がポールポジションを獲得。横江は2番手グリッドに。3番手には1分55秒114で田尻克行が入り初フロントロウを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る