[DUNLOP]JRR ST600 Rd.2 ブリヂストンのワンメイクレース初戦は大崎がポールtoウィン

ブリヂストンのワンメイクタイヤとなったST600クラス。第2戦オートポリスで新たなスタートが切られた。金曜日の合同走行から競り合いを見せたのは大崎誠之と横江竜司。このベテラン二人のみが1分54秒台をマークする。

35分間の予選。タイヤは予選・決勝を通して1セットに制限されているため、各車アタックのタイミングを計ってセッションが開始されてもピットで待機しているライダーが多数見受けられた。セッション半ばに横江・大崎が続いてタイムアタック。横江は1分55秒038、大崎が1分54秒248で大崎がポールポジションを獲得。横江は2番手グリッドに。3番手には1分55秒114で田尻克行が入り初フロントロウを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る