[DUNLOP]JRR J-GP3 Rd.2 14歳の真崎一輝が全日本デビュー戦でポールtoウィン!!

昨シーズンからブリヂストンが協力するアジアタレントカップで学んだライダーが頭角を現すようになったJ-GP3クラス。今季はすでに2大会を終えたアジアタレントカップで活躍を見せている真崎一輝(ブリヂストン)が、満を持して全日本デビュー。去年、アジアタレントカップで腕を磨いた國峰啄磨(DL)とウィーク初日からトップ争いを展開した。

予選ではこの二人が1分57秒台前半のタイムでタイムアタック合戦を展開。最後の最後に1分57秒144をマークした真崎が全日本デビュー戦でポールポジションを獲得。國峰が1分57秒201で2番手に。3番手には1分57秒800で栗原佳祐(ブリヂストン)が入り、初フロントロウを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る