[DUNLOP]JRR J-GP2 Rd.2 生形秀之が2位表彰台を獲得

第2戦オートポリスラウンドで開幕戦を迎えたJ-GP2クラス。今季は新たにJ-GP3クラスから作本輝介(ブリヂストン)がスイッチ。チームノリックから上和田拓海(ブリヂストン)が全日本デビューするなど若手が加わり、層の厚いクラスとなった。

金曜日の合同走行から、高橋裕紀(DL)・関口太郎(ブリヂストン)・生形秀之(ブリヂストン)の3人が火花を散らせる。予選でもこの3人のタイムアタック合戦となる。この結果、高橋がポールポジション。関口が2番手、生形が3番手というフロントロウになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る