[DUNLOP]JRR J-GP2 Rd.2 生形秀之が2位表彰台を獲得

第2戦オートポリスラウンドで開幕戦を迎えたJ-GP2クラス。今季は新たにJ-GP3クラスから作本輝介(ブリヂストン)がスイッチ。チームノリックから上和田拓海(ブリヂストン)が全日本デビューするなど若手が加わり、層の厚いクラスとなった。

金曜日の合同走行から、高橋裕紀(DL)・関口太郎(ブリヂストン)・生形秀之(ブリヂストン)の3人が火花を散らせる。予選でもこの3人のタイムアタック合戦となる。この結果、高橋がポールポジション。関口が2番手、生形が3番手というフロントロウになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る