[KTM]AMA SX Rd.16 ムスキャンが勝利し、250東地区のタイトルも獲得

ニュージャージー州で開催された『2015スーパークロス/第16戦イーストラザフォード』。Red Bull KTMファクトリーチームから450SXクラスに参戦した#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は2位でフィニッシュ。

最終戦を迎えた250SXクラス東地区では#25/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)が優勝。2015年シーズンのタイトルを獲得しました。

■250SXクラス
ヒートレースでは好スタートを切り、第1コーナーに3位で進入したムスキャン。しかし多重クラッシュに巻き込まれ転倒してしまいます。すぐに復帰したムスキャン、2周目には9位に位置していましたが、チェッカーフラッグを受けたときには決勝に進出できる4位にまで順位を回復していました。

迎えた決勝。第1コーナーに2番手で飛び込んだムスキャン。集中力を高め、トップを行くライダーに照準を合わせます。それから数周後、トップに立ったムスキャンは勝利に向け快走。トップのまま、お得意のヒールクリッカーでチェッカーを受け250SXクラス東地区のタイトルを決めました。

ムスキャンのコメント:
「素晴らしい経験だ。最終戦を勝利で飾り、タイトルを獲得できて本当に良かった。今日はもちろん、シーズンを通してマシンは本当に調子が良かった。チームや家族、多くの人々の支えによってこの勝利があった。皆に感謝したい」

■450SXクラス
決勝、まずまずのスタートだったダンジーは第1コーナーを8位付近で通過。しかしその後ペースを上げ3周目には5位に浮上します。そして前を行くライダーにさらなるプレッシャーを与え、残り5周となったとき2位に浮上。そのままチェッカーを受けました。

ダンジーのコメント:
「コースが少し荒れていて、決勝では前車をパスするのに手こずってしまった。しかし全体的に見て悪くなかった。最終戦のラスベガスが楽しみだ」

チーム監督/ロジャー=デ=コスタのコメント:
「2人のチャンピオンに敬意を表したい。同シーズンに2つのタイトルを獲得でき、素晴らしいシーズンとなった。我々は次の目標である、アウトドアでの勝利を目指す」

最終戦/第17戦は5月2日(土)、ネバダ州ラスベガスで開催されます。

■450SXクラス 決勝結果:
1, Eli Tomac
2, Ryan Dungey – KTM
3, Cole Seely
4. Blake Baggett
5, Andrew Short – KTM

◎450SXクラス ポイントスタンディング
1, Dungey(KTM), 365points(2015 450-class Champion)
2, Tomac, 283
3, Seely, 259
4, Reed, 212
5, Baggett, 208

■250SXクラス東地区 決勝結果:
1, Marvin Musquin – KTM
2, Justin Bogle
3. Joey Savatgy
4, Jereemy Martin
5, RJ Hampshire

◎250SXクラス東地区 ポイントスタンディング
1, Musquin(KTM), 194 points(2015 250EAST-class Champion)
2, Bogle, 171
3, Martin, 143
4, Savatgy, 133
5, Hampshire, 100

▼Supercross LIVE Interview Marvin Musquin East Rutherford

▼Supercross LIVE Highlights East 250SX Class East Rutherford

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る