[YAMAHA]MXGP Rd.5 #461 R・フェーブル (YZ450FM)10位/5位で総合7位

■大会名称:2015年第5戦ヨーロッパGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年4月26日
■開催地:ファルケンスワールト
■サーキット全長:1,750
■観客数:32,600人

フェーブルが積極的な走りで総合7位
FIMモトクロス世界選手権第5戦ヨーロッパ・グランプリがファルケンスワールトで開催された。不安定なサンドコースで行われたこのレースで、Yamaha Factory Racing Yamalubeとロマン・フェーブルは果敢な戦いを見せた。32,600人のファンを前に、MXGPルーキーのフェーブルは、ファクトリーYZ450FMを駆って両ヒートをそれぞれ10位と5位で終え、総合7位に入った。 24歳のフェーブルは第1ヒートで転倒して大きく順位を後退させた後、良く追い上げ、第2ヒートではホールショットを奪った。

グランプリの舞台となるユーロサーキットは、ライダーとマシンにとって典型的にラフなコースだが、土壌のハードなベースが路面に滑りやすさを加えた。土曜日に降った小雨がサーキットに充分な水をもたらしたものの、オランダの好天が固くセクションによってむらのあるコースに作り変えた。

フェーブルは土曜日に速さを示した。予選ヒートでS・シンプソン(KTM)が転倒した後、E・ボブリシェブ(ホンダ)と3位を巡る好バトルを展開したフェーブルは、日曜日のレースのスタート位置で3番手のゲート位置についた。 第1ヒート、フェーブルは序盤でコースの最もわだちの多く、リスキーな部分で転倒を喫してしまう。ここからフェーブルはダメージをコントロールしつつ、可能な限り挽回すべく追い上げ、トップ10圏内まで順位を上げたところでフィニッシュした。

第2ヒートではフェーブルが乗る特徴的なブルーとホワイトのカラーリングのYZはタイトなシケイン・スタートでホールショットを奪う。しかしラインとリズムを掴もうとしていた10分間にフェーブルの順位は5位まで落ちてしまう。その後、速さを増したフェーブルはボブリシェブとC・ドゥサル(スズキ)のバトルに追いつき、これを脅かすが、追い上げもそこまでとなり、今季4回目となるトップ5フィニッシュでレースを終えることとなった。この結果、フェーブルのMXGPポイントランキングも5位となった。

ファルケンスワールトにJ・ファン・フォルベークの姿はなかった。左足を骨折したファン・フォルベークはギブスを装着。回復までに3週間のブレークを必要としている。スペイン・グランプリの翌日、5月11日にギブスを外す予定で、復帰はその2週間後のイギリス・グランプリとなりそうだ。

DP19 Racing YamahaのD・フィリッパーツは第1ヒートで転倒を喫し、総合17位となった。2008年の世界チャンピオン、フィリッパーツは土曜日の予選ヒートで9位に入り、納得のゲート位置を得た。第1ヒート、イタリア人ライダー、フィリッパーツは好スタートを決め、レース序盤にS・シンプソン(KTM)に挑むが、フィニッシュライン・ストレートのダブルジャンプでコントロールを失い、転倒。右手を傷め、首をひねってしまう。それでもDPは第2ヒートに出走し、9位を得て総合12位となった。ベテランライダー、フィリッパーツは現在68ポイントを挙げてMXGP選手権ランキング15位につけている。

2週連続開催となったMXGPはここで1週間のブレークとなり、次戦スペイン・グランプリは5月10日、マドリッド近郊、南西に位置するショートサーキット、タラベラ・デ・ラ・レイナで開催される。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る