[YAMAHA]JRR Rd.2 JSB1000 #1中須賀克行が新型YZF-R1で今季初優勝を獲得

■大会名称:2015年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦オートポリス
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2015年4月26日(日)
■会場:オートポリス(4.674Km)
■周回数:19周
■天候:晴れ ■コース:ドライ
■観客数:11,821人
■PP:中須賀克行(1分47秒810/Yamaha)
■FL:高橋 巧(1分48秒431/Honda)

ポールポジションからスタートした「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克行だが、第1コーナーでは渡辺一樹(カワサキ)、「YAMALUBE RACING TEAM」の野左根航汰に次ぐ3番手で進入する。しかし第1ヘアピンで野左根をパスした中須賀は、2周目に入った第1コーナーで渡辺をパスしてトップに立つ。また、中須賀と同様に野左根も第1コーナーで渡辺をパスして2番手に浮上すると、さらに野左根はこの周の第2ヘアピン進入で中須賀をもパスしてトップに躍り出る。

野左根は5周目まで首位の座をキープするが、6周目に他車と接触して転倒。怪我はなかったが、そのままリタイアとなってしまった。この6周目をトップで終えたのは渡辺だったが、中須賀が0.1秒差で渡辺を脅かし、さらに中須賀の後方に高橋巧(ホンダ)が8周目頃から迫り始める。

レースは、渡辺、中須賀、高橋の順で周回が進むが、16周目の第1コーナーで中須賀が渡辺に仕掛けてトップに浮上。その後、中須賀は渡辺に隙を与えずにトップのままチェッカー。新型YZF-R1、そして新体制の「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」にとって記念すべき1勝となった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る